読売新聞に掲載されました

【imap水戸オープンシェルターの活動が読売新聞に掲載されました】

 

新聞に掲載されました事を受けまして、連日様々なご相談を受けています。

・病気になり愛犬を飼育出来なくなったので保護して欲しい

・新たに里親になりたい

・ボランティア活動をしたい

・見学をしたい

など

 

この様に、新聞に掲載されます事に依り、気運が高まり

飼育者の「知らない」「知らなかった」が少しでも無くなり、不幸な猫が減ります事が、水戸オープンシェルターの目標です。

 

なぜ、不幸な犬と猫が沢山居るかを考えた時に、それは私達人間(飼育者以外を含む)の「知らない」「知らなかった」が一番の原因で有る事に、水戸オープンシェルターを開設しました事により、私たちは確信しました。

 

本来、水戸オープンシェルターの様な施設は、私たち市民の「市民センター」と同様に、市民の相談を受ける窓口として、行政が設置するべき施設だとも実感しています。

 

【非常に大変な活動です】

 

お金も掛かります、水戸オープンシェルター施設は、皆様からのご支援を基に、なんとか開設する事は出来ましたが、既に発生している様々な諸費用「お金」を、今後どの様に用意して行けば良いのか頭を痛めています。

 

現状は、私の資力が尽きれば閉じざる負えない状況で、その資力もわずかです。

 

皆様のご理解とご支援を受けまして、不幸な環境が無くなるまで続けて行きたいと考えています。

 

NPO法人茨城県水戸市動物愛護

理事長 矢野

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています