私の娘は現在すみれ組。卒園を間近に控えた年長です。入園から3年間を振り返り思うことは「この保育園に出会えてよかったなぁ」ということです。

         いなりもり保育園への想いを羽に込めて作ったTシャツ

 

ただ、保育園入園当初は心配事がありました。ここは父母も協力して子どもたちの育ちを支えることを大切にしています。しかしながら正直、私はその協力が大変に感じ、親同士の付き合いも煩わしいのではないかと不安に思っていたのです。

 

そんな中、不安を解消してくれたのは子どもたちの姿でした。ここは先生方のおかげで、子どもたちにとってワクワクする楽しい居場所、園で協力することで子どもたちのキラキラした姿を見ることができ、それは親にとってとてもありがたく安心なことでした。また 行事などのお手伝いに参加することで、結果として子どもたちがとても喜んでくれます。喜んでくれる姿だけでなく、がんばる姿、成長していく姿を見て、そこに携われることは私にとっても嬉しいことで「 やってよかったなぁ」と思わせてくれていました。

高尾山サークルにて

 

仕事をしていたり下に未就園児のお子さんがいたりして、多くの親たちは限られた時間の中での協力です。そのため親同士で気遣い合い、声を掛け合いながら作り上げていきます。だからこそ生まれる優しさや感謝を感じる機会が私には何度もありました。子どもと先生と親と共に準備を重ねて共感していくことは「 貴重な体験をさせてもらっているなぁ。そして思いもかけず素敵な仲間もできなぁ。」今、振り返りそう思っています。


 きっと子どもたちもそういう大人たちの姿を見て、何か感じて育っているのでしょうね。 それがこの保育園が大切にしていることの一つなのかなぁと思うこの頃です。

茶話会 すみれ母たち全員揃いました!

 

 

 

 

新着情報一覧へ