「吉原繋(つなぎ)」柄


四角形の四隅を少し内側にへこませた形が隅入り角。これを子持ちにして斜めにつないだ形を吉原つなぎと言います。


江戸時代に、吉原にあった手引き茶屋ののれんに描かれていたとも、吉原の郭に入ったらつながれて、なかなか解放されないことにちなんだ名前といわれています。


江戸を代表する文様として、現在も祭りの半纏や、手拭い、浴衣などによく用いられているので、人と人を結ぶ“良縁”を意味し人間関係を豊かにする文様として好まれています。


人間関係の失敗やいざこざを防ぎ、新しい人脈も吉原繋ぎのようにガッチリと結ばれ広がっていくように祈りましょう!

新着情報一覧へ