鉄工島FESオープンミーティング
鉄工島FES 2017オープンミーティング開催の様子

 

鉄工島FESまであと51日を切りました。


昨年産声を上げたこのフェスには、多くの方が、多くの形で関わってくださったからこそ実現できた経緯があります。

 

今年もまたいろんな方に関わっていただきたく、オープンミーティングを東京神保町にある1969年創立の美術/音楽/メディア表現の学校「美学校」で開催させていただきます。

 

私達は鉄工島を愛してくださるボランティアを鉄工島CREW(略して『鉄クルー』)と呼んでいます。
鉄工島FESの想いに賛同し、一緒にフェスを盛り上げてくださる、ボランティアスタッフ(鉄クルー)や公募アーティスト(展示、パフォーマンス、ケータリングなど)として様々な形で関わってくれる人を大募集中!

 

オープンミーティングでは、鉄工島FESのプログラムの詳細や関わり方について、メンバーがご説明させていただきます。終了後は交流会で意見交換を行う予定です。

どんな形でも興味を持ってくださった方は大歓迎。アーティスト達とこの京浜島との、さらなるコラボレーションの可能性を広げ、この「鉄工島文化」を発展させていくためにも、一緒に盛り上げてくださる方のご参加をお待ちしています。



 

【鉄工島FES オープンミーティング:参加者募集!】


日 程:2018年9月25日(火)


時 間:19:00〜21:00

コーディネーター:伊藤悠(アイランドジャパン株式会社代表)、冠那菜奈(アートメディエーター、Tiarart.com代表)、桜井葉子(ロケットペンシル株式会社 代表取締役)、田中直史(㈱ラストワンマイル代表取締役社長)


参加費:無料


会 場:美学校 本校(東京都千代田区神田神保町2-20 第二富士ビル3F)


 

鉄工島FESオープンミーティング
鉄工島FES 2017オープンミーティングの様子。終了後交流会を行いました。

 


コーディネータープロフィール(50音順 / 敬称略)

 



伊藤悠(アイランドジャパン株式会社代表)

magical, ARTROOMディレクターを経て2010年islandをスタート。ギャラリーの経営、アーティストのマネジメントから、六本木アートナイトや寺田倉庫アート事業など外部企画のコーディネートやプラニングなど、アートと社会を橋渡しする活動をおこなう。2016年、BUCKLE KÔBÔの立ち上げに携わる。鉄工島FESは事務局長として取りまとめを行う。



 

冠 那菜奈(アートメディエーター、Tiarart.com代表)

1987年生まれ。武蔵野美術大学芸術文化学科卒業。大学在学中から、様々なメディアを駆使し、ヒト・モノ・コトをより良い形でつないでいくアートメディエーターになることを目指し、卒業後フリーランスとして今も奮闘中。それぞれのニーズに合わせて企画やコーディネート、マネージメント、広報等を担当。主な活動として、フジテレビ特番アートバラエティ番組「アーホ!」や茨城県北芸術祭、SICF、寺田倉庫アート事業企画などがある。



 

桜井葉子(ロケットペンシル株式会社 代表取締役)

1984年生まれ。早稲田大学商学部卒業後、ワタナベエンターテインメント入社。お笑い、ドラマまで幅広くマネジメントを担当。その後、ソニーミュージックでのアーティストマネージメントを経て、独立。音楽フェス『New Acoustic Camp』の制作やSNSファンコミュニケーションを担当したことから、様々な音楽フェスやアウトドアイベントに関わることに。2015年、ロケットペンシル株式会社設立。ステージ進行からWEB制作まで全方位、企画立案から現場制作までを貫徹して行うスタイルが特徴。

 



田中直史(㈱ラストワンマイル代表取締役社長)

東京2箇所、長野県白馬村、沖縄県石垣島でレンタルスペースを運営。他に東北風土マラソン、白馬国際トレイルラン、FWT(スキーノボ)の実行委員として地域・人・場所をイベントとボランティアを通して活性化させる。
慶応SDM主催のスポーツカンファレンスのSport Xで講演。復興庁の共創事業のメンターとして福島県小野町のプロジェクトを推進中。

新着情報一覧へ