クラウドファンディング3日目が

終了しました。

昨日も大学時代の友人や職場近くの仲間、

同じ外国人材分野で頑張っている方など、

多くの方々から応援いただきました。

本当に感謝です!!

一人一人の応援にしっかり応えられるよう、

引き続き全力で努めてまいります。

 

さて本日は、カンファレンスのテーマを

検討するうえでも参考にしている

JAPIで運営する外国人留学生メディア

Osigoto.com”について、

少しご紹介したいと思います。

 

【画像】Oshigoto.com_1

 

私たちは、日頃、

外国人材(留学生)の調査活動や住居、

就職などのサポートをしています。

昨年からは文部科学省の事業を

東洋大学より再委託を受け、

留学生のインターンシップを企画・コーディネートしています。

 

そのような具体的な支援も必要ですが、

今、この社会の現状を知り、

社会に伝えていくことも

重要だと考えています。

留学生向けのお仕事情報含め、

外国人材の"日本でのはたらく"を

発信するメディアが“Oshigoto.com”です。

 

【画像】Oshigoto.com

 

これまで20社超の企業と、そこで働く

外国籍社員にインタビューしてきました。

すべての外国籍社員が、

日本を好きでいてくれたり、

日本の企業文化、

サービス精神などに敬意を持って、

自分が事業を拡大し、

海外にも拡げていきたい、

と強い想いを持って仕事をされていました。

 

皆さん、日本語が話せたとしても、

入社当初は

日本独特のビジネスコミュニケーションに

苦労されていることがほとんどです。

一方で、皆さん口を揃えて言うのは、

「日本人社員が皆んな優しくて、だから自分は頑張れます。」

「大変だけど、楽しいです。」

と話してくれました。

 

【画像】Oshigoto.com

 

外国人材に関するニュースで

見聞きすることは事件性のあるものが

多かったりする印象はありますが、

実は彼らなくして企業は困るくらい

活躍されていることも少なくありません。

そして大企業だけでなく、

むしろ中小企業、特に地方で

その傾向が強くなっているように感じます。

 

東京は社会人口が増えているため、

まだ人口減少の肌感が

少ないかもしれませんが、

外国人材といかに協力していくか、

新たなHRがどのようにしたら

活躍しやすくなるのか、

そういった観点で今後の組織を考える

必要性は増すと思います。

さらには、就労の分野以外でも、

地域の生活者として、

どのように共生していくかは

今後益々重要性を増す

テーマになるのではないかと思います。

 

Oshigoto.com”では、

「日本で働く外国人材の想い」と

「多国籍化する企業の成長過程」

を知ることができると思います。

是非カンファレンスと併せて、

外国人材と共に働く際の

参考にしていただけたらと思います。

 

皆さまの外国人材を知るきっかけに、

知見を増やす機会に、少しでもなればと、

カンファレンスでも良いコンテンツの

準備をしてまいりますので、

応援よろしくお願いします!!

 

新着情報一覧へ