プロジェクト概要

 

子どもたちに経済を学ぶ機会を!「経済カード」を全国に届けたい。

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。Meets Vision代表の松岡です。岐阜県内の中学校・小学校で教諭として勤める間に、学校教育と社会をつなぐ中間支援組織の必要性を痛感し、16年間の勤務の後に退職。平成23年に次世代の人材育成を目的とする教育支援組織NPO法人Meets Visionを設立しました。

 

現在は、岐阜県を中心に小学生や中学生を対象とする体験教室、社会人を対象とする各種研修、教育委員会の教員研修の支援など、小学生から社会人まで幅広くサポートする活動に取り組んでいます。小学生向けロボットコンテストの開催なども手がけ、ものづくり産業の次世代リーダーを育むことを目指し活動しています。

 

今回のプロジェクトは、2017年度にJCI(公益社団法人日本青年会議所)の皆さんが考案された「経済カード」をもっと多くの子どもたちに届けていくための取り組みです。

Meets Visionは、夏休み恒例の宿泊体験ツアーのプログラムのひとつとして、今年の夏休みにJCIメンバーの皆さんにワークショップを行っていただきました。参加した子ども達、保護者の方からは大好評で、学校やその他の団体の皆様にも紹介させていただきました。

このような経済の仕組みを子ども達が楽しく学べるコンテンツは少なく、学校や地域においてもそうした機会はほとんど無いのが現状です。一方で、JCIの皆さんも今後は普及活動までは手掛けられないという実情を知り、教育支援に取り組んできたMeets Visionとして、この素晴らしい教材を全国に広め、楽しく学ぶ機会を提供していきたいと考え、全国でのワークショップ展開に向けて、カードの製作を行いたいと願っています。

 

次世代を担っていく子どもたちに経済活動について学ぶ機会をつくるため、ぜひ皆さんのお力をお貸しいただければと思います。ご支援、応援よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
お金の流れを学ぶことで経済に強い子どもたちが育ちます。

 

 

現在の学校教育では「経済活動=お金の流れ」について学ぶ機会がない。

 

現在の学校教育において、お金の流れ方を中心とする経済活動の仕組みを詳しく学ぶような学習の機会は、小中学校においてほとんどありません。また、学校教育の限られた時間数の中では、経済活動について詳しく学ぶことができる様なカリキュラムを新たに組み込むことは難しい状況です。

 

学校で子ども達に勉強を教える立場の先生方のほとんどは、一般企業に勤めた経験がない方であり、経済活動の仕組みについて分かりやすく教えることは容易ではありません。外部講師を招くにも予算の問題もあり、なかなか呼べないばかりか、限られた時間の中で効率的に学ぶことができる様な仕組みも確立されていません。

 

しかし、今後ますます少子高齢化社会を迎える日本において、その日本の未来を支える子ども達に、幼少期からそうした経済活動を学校で学ぶことができるよう、経済教育のカリキュラムの導入の必要性を指摘する声は少なくありません。 

 

今回製作する経済カードは、楽しく、かつ分かりやすいワークショップでお金の流れについて学ぶことが出来ます。何よりも、このカードゲームの素晴らしさは、グループでアイデアを出し合って売り上げを伸ばすことを競い合うだけのものではありません。

 

他のグループも一緒に売り上げを伸ばし、誰もが幸せになることを目指すことに自然にたどりつけるのです。さらに、カード教材を使って何度も繰り返し学ぶことで、ともに助け合いながらよりよい暮らしを作り上げていく経済活動に興味関心を持つことにもつながります。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
大人になって実際に社会に触れてから経済について学ぶよりも、
子どもの頃からゲームを通してその感覚を身につけることが非常に重要です。

 

 

ワークショップに参加した子ども達からたくさんの感想が届きました!

 

今年の8月に、主催する宿泊ツアーのプログラムの一つとして、このカードゲームを考案されたJCIの皆さんにワークショップを実施していただきました。参加者の小学生のほとんどが初対面であったにも関わらず、ワークショップが始まると同時にグループで仲良くワイワイ楽しそうに取り組む姿が見られ、とても驚きました。そしてこんな感想をもらいました。

 

●経済の仕組みが楽しく学べたので、またやってみたい

●みんなで協力して商品を作って販売するのが、とても面白かったので、またやりたい

●経済って難しいと思っていたけど、カードゲームで楽しく学べて良かった

●お金を儲けるだけでなくて、みんなが幸せにならないと意味がないことが分かった

●ものを作って売ってお金を儲ける仕組みを自分で考えられてわくわくした

●学校の授業では勉強できないことがカードゲームで学ぶことができました

 

子どもたちだけではなく保護者からも「家に帰ってから、カードゲームの経験を夢中で話してくれました。参加させて本当に良かったです」という感想をいただきました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
楽しみながら学べることが、経済活動への知識と関心を深めていくことにつながります。

 

 

「みんなの経済」カードゲームについて

 

このカードゲームでは、制限時間内にプレーヤー(生産者)が仲間と力を合せ、資源・技術・生産物・お金の4つのカードを組み合わせて、お金を増やしていくシンプルなゲームです。交渉や交換、仲間との協力やアイデアがお金を増やすポイントとなります。

 

私たちは、このゲームを日本全国の小中学校に広めたいと願っています。

このカードゲームには、次の利点があると考えます。

①授業後にもクラスで何度も取り組める

②ノウハウを覚えれば先生方が自分達でもできる

③簡単で他の先生方にも広めてもらえる

 

カードですから大掛かりな準備は必要ではなく、ルールも分かりやすいので子ども達だけでも休み時間の遊びとして利用できます。実際に、何度もワークショップを経験しましたが、ゲーム感覚で楽しく学べることで子ども達が「もっとやりたい!!」という意欲的な発言や姿を数多く目にしました。

 

 

 

 

 

経済活動に関心や興味を持つ入り口としてカードを広め、次世代をリードするこども達を育てていきたい。

 

全国の子ども達に「みんなの経済」のカードを手に取ってもらえるように、今回のプロジェクトでカードを製作し、全国10ヶ所でワークショップを行い、その楽しさとノウハウを子ども達と先生方、保護者や地域の皆様にお伝えします。

 

子ども達にこの体験を通して、経済活動に興味を持つだけでなく、将来に対する夢や目標をより具体的にする機会になればと考えています。

 

未来の日本を支える人材を育むこと、各地域のコミュニティを支える人材を育むことは、避けては通れない課題です。元気な日本の経済を支える、新しい経済を生み出す、高い意気込みとスキルを身につけた人材の育成を図るためには、今までにない教育活動が必要です。

 

このカードゲームは、未来を支える子ども達が、経済活動について興味や関心を持つ入り口として適した魅力が詰まっています。私たちは、このカードゲームとワークショップのノウハウを全国に届け、子ども達が楽しく学ぶ機会を創出することで、明るい日本の将来を支える地道な土台作りとしていきたいと思います。ぜひ応援、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
次世代を育てる取り組みに、ぜひご協力をお願いいたします!

 

 

リターン

 

■サンクスレター

■活動報告

■サポーターとしてHPにお名前記載

■みんなの経済」カード

実際に親子や仲間たちと体験してみてください!

■宇宙藻クッキー

MeetsVisionが起業家教育プロジェクトで中学生とともにデザインの企画をしたものをお届けします。

■あなたの街でワークショップを開催!

実際にあなたの街へお伺いしまして、ワークショップを実施します。ぜひ多くの子どもたちとともに実際に体験してみてください。

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)