前田会長や幹事が、昨年湊線を訪れサマースクールに参加した際に学び、今回のキハ輸送でも大変お世話になった湊鐡道応援団の皆様の団報に、輸送状況を掲載頂きました!

  皆様にご覧頂きたいのは、輸送状況の記事もさることながら、各自治会ごとに割り振られた駅の清掃計画。

 一時は廃線の話が濃厚だった湊線は、こうした沿線の皆様の努力により、見事ひたちなか海浜鉄道として再出発し、延伸の話題が出るほどの今の状況に至っています。

 

 前田会長や幹事の思いは、こうした路線沿線の皆様による運動の盛り上がりを、何とか平成筑豊鉄道沿線でも学ぶことができないか、その思いを込めた今回のキハ2004プロジェクトなんです。

 

 前回の新着情報でお知らせしたとおり、行政関係者の皆様の関心も寄せて頂けるようになりました。

 また、応援団の皆様からご紹介頂いた毎日新聞社デジタルメディア局の記者さんをご紹介頂き

    キハ2004 茨城から九州へ 旧型車輸送費調達の舞台裏

と題した記事をネット上に掲載頂いたほか、新聞各紙でも活動が多く報道され、ようやく地元筑豊でも、この話題が浸透しつつあります。

 この状態を、もっともっと良い方向に進めていければと思っておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 また本日、皆様にお送りする記念品の発注を終えました。

 まだまだ皆様の名簿整理も追いつかず、発送まではまだお時間を要する状況ですが、お披露目撮影会までには何としてもお送りしたいと考えておりますので、今しばらくお待ち頂ければと存じます。

 

新着情報一覧へ