野のすみれクリニック リハビリテーション科(横浜市港北区)で定期的な動物介在療法を行っています。

 

 

野のすみれクリニックには様々な患者さんがいらっしゃいます。障害のために特別な配慮が必要な方も安心して受診できることを目指されており、最近では身体的な障害や発達障害のために本格的な婦人科の受診を躊躇されている方のために婦人科医師を招いての婦人科相談の日なども設けられています。

 

患者さんにとって良いことがあれば何でも取り入れる!!という鈴木明子先生のお力で1年ほど前からご希望のある患者さんに対して動物介在療法のプログラムを行っています。

 

 

参加される患者さんの目的は様々で、学校に行けないお子さんが定期的に通う場所としてプログラムを受けられたり、親御さんが診察に躊躇するお子さんのモチベーションとしてプログラムを申し込まれたり、重度知的障害のある患者さんが楽しめる時間として申し込まれたりもします。

 

先日犬とふれあった患者さんは、犬と会えることを毎月楽しみにしてくださり、カレンダーに丸をつけてその日をモチベーションに日々の作業所でのお仕事を頑張っていると患者さんのお母さんから教えていただきました。

 

犬に「テイク携帯」の介助作業体験をしてもらったお子さんの中には、久々にこんなに大きな声を出したという子がいたり、家に引きこもりがちで犬と一緒に散歩した日が久々の散歩だったという子もいたりします。

 

 

 

 

障害があり特別な配慮が必要な患者さんも、どの患者さんも犬たちとのふれあいに笑顔あふれる時間を過ごしてくださり、犬の持つ力を改めて実感しています。

新着情報一覧へ