【制作秘話】#1 腹巻パンツ

 

かねてより、ガラ紡で腹巻が欲しい。というお声を各方面から頂いておりました。


当然私自身も頭の中の開発リストでは常に上位に食い込んではいました。しかし、ガラ紡って不揃いで、おまけに弱い。とっても機械泣かせな糸なんです。

織はなんとか出来るものの、編み(ニット)となると、匙を投げられてしまうので、長年手を出さずにそっとしてありました。

 

ORGANIC GARDENの靴下メーカーヤマヤさんも、ガラ紡の靴下を編んでいらっしゃいますが、ガラ紡はロスが多くて大変なので、原価率を押さえようとするととんでもない値段になってしまう為、ガラボウシリーズに関しては自社から直接小売店さんにというスタイルをメインで生産販売されています。

 

話が横道にそれましたが、そんな扱いづらいガラ紡。難しい素材に挑戦して下さったのは、岐阜県は、本巣市の株式会社吉村ニットさん。

 

吉村ニットさんは、インクジェットプリントのニットを全面に出して、オリジナルブランド【YoshiYoshi by pj】で、アメリカに進出されています。


社内(工場)には編み機はもちろんの事、プリント、刺繍、縫製…すべてを備えて、吉村さんでしか出来ない高品質な商品を創り出していらっしゃいます。

 

尾州屈指の技術力で、普段はやらないと仰っていたインナーウェアでしたが、製品作りを快く引き受けて下さいました。そして、試行錯誤を重ねた上、とっても素敵なガラ紡の腹巻パンツが出来上がりました。

 

しかし、当然ながらお値段は高くなってしまいます。しかもロットが50枚からとのこと…。

 


うーむ。これではとても世に出せない。こんないい物が出来たのに…。

 

 

と、悩んでいた時にふとクラウドファンディングのお話が舞い込んで来ました。
クラウドファンディングなら通常の流通に乗せるよりもお求め安い価格でご提供できるので、より多くの皆様にガラ紡の心地よさを実感していただけるのではと。

 

風前の灯火であるこの伝統技術を未来へ紡ぐ為にも、沢山の方々に、kitamaのガラ紡の心地よさを通して、この伝統技術のファンになっていただければと思っています。

 

ご支援、拡散、お気に入り登録を宜しくお願いします!

 

 

機械所有/日清ニット

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています