すずめ野菜の潟と砂丘と人の環を守る活動を応援いただきまして、ありがとうございます。畑も色々な野菜が育ち、にぎわってきました。

 

 

昨年、草取りに追われた反省から、

今年は春先から実験的に対策してみました。

 

ハウス周りの使わないところは、伸びてくる雑草をただとるだけの作業となり、その労力も時間も、草刈り機を使用したときには燃料費ももったいない、そして暑い中での草抜きはとても体力をうばわれます!

 

現代農業2011年の8月号に掲載されていた、

長野県の「古新聞と藁でウネ間の草取りいらず」の記事をみて、

新聞紙とわらの組み合わせで、雑草をおさえられるとのこと。

 

新聞紙を段ボールにかえて、実験的に取り組んでみました。

いまのところ、良い状態に草をおさえられています!

 

 

                     河北潟湖沼研究所 高橋奈苗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ