READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!

認定NPO法人国境なき子どもたち 佐藤健太郎

認定NPO法人国境なき子どもたち 佐藤健太郎

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!
支援総額
366,000

目標 250,000円

支援者
38人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年11月08日 18:18

曲目解説①

皆さん、こんにちは!

 

国境なき子どもたちの佐藤です。

 

曲目解説の第1回目です。

私たちなりの解釈も含まれていますが、

少しでも曲を楽しんでいただける助けになればと思っています。

 

今回私たちが選んだ曲は全8曲。

伝統的なものもあれば、

比較的新しいものもあります。

パレスチナの歴史の複雑さや

そこに暮らす人の気持ちも反映させたいと

多少新しい曲でもみんなが知っていて

古くから歌われているものは収録しました。

ですので、1948年以降のパレスチナの人たちの苦難を

歌った曲も収録しています。

 

今回、紹介するのはその内の1つです。

 

パレスチナの人たちの多くは苦しい生活の中でも

笑顔で暮らしています。

分かち合うことや人を思いやることを知り、

助け合いながら生活しています

たとえ貧しくとも困っている人は

助けようとする人がとても多いです。

特に私たちが活動している地域は

それほど大きなコミュニティではないので、

余計にそう感じるのかも知れません。

 

故郷を奪われつつあっても、

そこにとどまる気持ちを

子どもたちが歌ってくれました。

 

(事業地の近くの大学から見た分離壁。向こう側はエルサレムです。)

 

私なりに翻訳した歌詞はこちらです。

 

私は誰?

 

みんなが私はどこの国の人って聞きます。

私はパレスチナ人。

みんなはどこに住んでいるのって聞きます。

私はおじいさんたちの土地に住んでいます。

 

みんなはどうしてこんな苦しい状況で生活できるのって聞きます。

どうして耐えられるのって聞きます。

 

でも私はパレスチナ人。

他の人の土地では幸せになれません。

パレスチナは私の母なる土地です。

私たちの希望はここでしか叶いません。

一覧に戻る

リターン

3,000

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード

支援者
17人
在庫数
制限なし

10,000

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書

支援者
6人
在庫数
制限なし

15,000

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
写真家ハービー・山口さんサイン入りオリジナルフォトプリント(限定15枚)

支援者
15人
在庫数
完売

30,000

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書
このプロジェクトのドキュメンタリーDVD(英語字幕)

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする