READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!

パレスチナの子ども合唱団と伝統音楽のCDを作りたい!

支援総額

366,000

目標金額 250,000円

支援者
38人
募集終了日
2014年7月1日
38人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年11月30日 14:17

曲目解説⑧

皆さん、こんにちは!

 

国境なき子どもたちの佐藤です。

 

本日も曲目解説をお届けします。

8曲目は「どこへ行くの?ラマッラに行くの?」です。

 

ラマッラとはパレスチナ暫定自治政府の事実上の首都のこと。
ラマッラはもともとそれほど大きな町ではなかったそうですが、
政府機関が多いことから徐々に拡大しているようです。

 

(最近の学校での活動の様子)

 

この場合のどこに行くの?ラマッラに行くの?というのは
パレスチナを離れることを意味しています。

 

この曲では
前半部分で女性の思いを後半部分で男性の言葉を歌うことで

国を離れる男性と留まる女性のやりとりを表現しています。

この2人の男女については議論となりました。

 

子どもを連れて帰るという描写から恋人同士や夫婦ではなさそうです。
ですので、私たちは母親と成人した子というのが妥当かと考えました。

国を離れる息子を見送る母親の気持ちを想像しながら

聞いていただければと思います。

 

ちなみに先日ラマッラで天皇誕生日を記念するレセプションが開かれた際に
活動紹介の展示をさせていただいたのですが、
その中でCDも展示し、多くの方にCDのブックレットをご覧いただけました。
学校への配布なども予定しているので、
欲しいというご要望に応えることはできなかったのですが、
なにか方法はないかを考えてみたいと考えています。

 

(最近の学校での活動の様子)

 

歌詞の日本語訳はこちらです。

 

どこに行くの?ラマッラに行くの?

 

どこに行くの?ラマッラに行くの?

 

あなたは自分の国を忘れてしまった。
それは神様を恐れないということです。

 

私の愛する子よ。
あなたはこの国を離れ、遠くに行ってしまう。

でも、あなたはきっと帰ってくるでしょう。
あなたは生まれた土地に帰ってきます。

 

私はそう信じています。

あなたはきっと帰ってくる。
あなたはそう言いましたね。
子どもを連れてきっと帰ってくる。
緑に満ちた私たちの故郷に帰ってくると。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード

支援者
17人
在庫数
制限なし

10,000

alt

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書

支援者
6人
在庫数
制限なし

15,000

alt

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
写真家ハービー・山口さんサイン入りオリジナルフォトプリント(限定15枚)

支援者
15人
在庫数
完売

30,000

alt

作成したCD
子どもたちからのメッセージカード
子どもたちが作ったアクセサリー
現地NGOの活動報告書
このプロジェクトのドキュメンタリーDVD(英語字幕)

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする