READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

東北にアソビを出前し、地元と一緒に子どもの居場所をつくる「移動式子ども基地」

星野諭

星野諭

東北にアソビを出前し、地元と一緒に子どもの居場所をつくる「移動式子ども基地」

支援総額

1,108,000

目標金額 1,000,000円

支援者
115人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2012年12月19日 15:42

コドモ∞ムゲン・プロジェクト

【東北に遊びを出前し、地元と一緒に子どもの居場所をつくる「移動式子ども基地」プロジェクト】の星野です。 
現在までに39名もの方から暖かいご支援いただきました。心より御礼申し上げます。
引き続き子どもたちを笑顔いっぱいにしていきます。
まわりの大人たちを笑顔いっぱいにしていきます。
未来の子どもたちのために。




さて「移動式子ども基地」プロジェクトを運営する【コドモ∞ムゲン・プロジェクト】では、
都内でのセミナー・若者研修にも力を入れており、
東北の現状発信や首都直下地震への備えを進めています。

今月はNPO・ボランティア活動支援セミナー全3回を開催します!!!
第1回目は「子どもと遊ぶを深めるワークショップ」です。
石巻を中心とする子どもたちや遊び場が置かれた現状を報告したのち、
自主作成した感育キットを使った遊びづくりを参加者のみなさんと行いました。
粘土×おなか×水=「粘土でつくったお皿にお水を入れておなかの上で温め競争」という、
世界初の遊びがいくつも生まれました。


 


そして最後はソーシャルワーカーのスタッフから「遊びのなかの”メッセージ” -気づくチカラを高めよう!」を実施してもらいました。
言葉だけでなく、子どもたちは表情・振る舞い・好き嫌いなどでたくさんのメッセージを発してくれています。
子どもの世界を知る手がかりを確認しながら、
パントマイムで演じられる関係性を読み取ったり、
自分が相手に発している非言語のメッセージを伝えてもらったりしながら、
言葉以外のメッセージにアンテナをはることの重要性を確認しあいました。 

今後も都内でも活動を精力的に進めていきます。
こちらも合わせて発信していきますので、ぜひご覧くださーい!

→震災復興支援活動専用HP:http://mugen.k-w-m.jp/



 

一覧に戻る

リターン

3,000

*移動式子ども基地に遊びに来た子どもがつくるありがとうカード
*移動式子ども基地に遊びに来た子どもの描いた絵をもとにつくるHAPPYバッチ(1種類)

支援者
56人
在庫数
制限なし

10,000

上記3,000円の内容に加え、
*震災復興支援サイトに掲載
*移動式子ども基地に遊びに来た子どもの描いた絵で作成するポストカードセット(5種類)
*移動式子ども基地の活動が分かる様なミニ写真集(1冊)

支援者
50人
在庫数
制限なし

30,000

上記10,000円の内容に加え、
*支援者様ご希望の玩具(木や竹などの自然素材製)をおひとつ、プレイトラックに載積します。
引換券詳細のリストよりお選びいただき、ご希望の玩具を応援コメントにご記載ください。
玩具には「協賛者」として支援者様のお名前をお入れします。

支援者
8人
在庫数
制限なし

100,000

上記30,000円の内容に加え、
*支援者様のお名前とメッセージを、プレイトラック又はプレイキッチンカーの車体に掲載させて頂きます。

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする