首都圏は台風直撃で大変な天候のようですが、静岡県東部は大雨は降りましたが、風はそれほどでもありませんでした。

くろがね四起の車体は今週一週間は、相模原の永遠ボディ様に再入院しており、週末には左右のドアと幌が取り付けられて帰って来る予定です。

 

そこで、今週は小物類の作業に集中し、車体が戻り次第に組み付ける作戦を進めております。

まずはロシアから持ち帰ったオリジナルメーターパネルを塗装します。

下のボディー色に塗装したモノがフレームで、上の梨地黒色で塗装した方が化粧パネルです。

 

これに取り付けるスピードメーターは、ロシアにもオリジナルは一個しかなかったので、国内の収集家さんから戦前の同規格のメーターを譲って頂きました。こちらも分解して清掃してから塗装して、ご覧のように取り付けを待つばかりです。

 

こちらは危うく廃棄しようと思った、エンジンスタートスイッチ。

オリジナルではないと考えていたところ、ロシア調査により何と純正品であることが判明(; ・`д・´)

急遽オーバーホールと錆落としして、塗装仕上げしました。

 

最後の大仕事なりそうな燃料配管ですが、銅金具とアルミプレートには戦後塗料や油汚れが付着しており、腐食を防いでいたようです。

丁寧に清掃作業をすると、燃料切り替えコックの表示がハッキリと現れてビックリしました!(^^)!

 

最終仕上げに向けて、今週はコツコツ作戦でがんばります!!

 

実行者:小林 雅彦