READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

FIP(猫伝染性腹膜炎)で苦しんでるララちゃんを助けてください!

ララ

ララ

FIP(猫伝染性腹膜炎)で苦しんでるララちゃんを助けてください!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

支援総額

502,000

目標金額 800,000円

62%
支援者
69人
残り
20日

応援コメント
にゃんに
にゃんに6時間前ララちゃん、大丈夫だよ! 一緒に頑張ろうね。ララちゃん、大丈夫だよ! 一緒に頑張ろうね。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

はじめまして。数多くあるプロジェクトの中から本ページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

初めてのクラウドファンディングの利用でいたらない点も多々あるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

 

私は猫ちゃん3匹と東京で暮らしている塩幡と申します。

 

メス猫のキラちゃん(10歳)と、オス猫のソラ君(9歳)、そして末っ子のメス猫のララちゃん生後6ヶ月です。

 

ララはとてもおてんばで、お迎えした翌日にはもう先住猫達と打ち解け、キラと追っかけっこをしたり、ネズミさんのおもちゃに夢中になってじゃれたりしてました。

 

また、私にいつもすり寄ってきて抱っこをおねだりするような、人懐っこいとても愛らしい子です。

 

↑キラとくつろぐララ


私は、兼ねてから3匹の猫と生活する亊を望んでおり、2匹の猫も成長し、生活が落ち着いたタイミングで本格的に3匹目を検討し始めました。そんな時、インターネットでクリーム色のとても可愛らしい5ヶ月の猫ちゃんと出会いました。

 

一目ぼれ。それがララでした。

 

ララは我が家に来て2日目にはケージから出て、家中を走りまわり、先住猫たちともすぐに打ち解けました。そんな光景を見られた時は本当に幸せでした。

 

↑ソラと遊ぶララ

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

ー発症から診断までー
 

ララをお迎えして1週間たった頃でした。急に元気がなくなり、お遊びをすることもやめ、妙におとなしくなったな・・・と思ったら、食欲も無くなってしまいました。

          

 

その後、数日経過すると明らかに呼吸が荒くなっている様子で、翌日にはむせるような発作が起き、急いで近所のかかりつけの病院に連れて行きました。

 

先生はララを見るなり「呼吸がおかしい」と。

 

エコーで胸を見ると胸水がたまっており、先生はFIP(猫伝染性腹膜炎)の疑いがあるとおっしゃいました。

 

こちらの病院ではFIPの治療はおこなってなかったので、すぐにFIPの治療をしている病院を探すことにしました。扱ってる病院は少なく必死で検索し悩みました。通院できる所で良い病院は無いかと。

 

それまでの数日間、呼吸困難に陥っていたララの為に私がまずしたことは、酸素室を借りることでした。

 

酸素室に入り、少し楽になるかと思いきやあまり変わらず、ララは酸素が出てくる穴を見つめ、呼吸は肩を揺らしており、前より荒く見えました。猶予はないと考えました。

 

そして、今お世話になってる病院を見つけることができ、すぐに連れて行きました。

 

すぐに血液検査・X線検査をし、その結果はFIP(猫伝染性腹膜炎)陽性でした。覚悟はしていましたが、涙が止まりませんでした。

 

私自身、FIPは恐ろしい病気だと耳にはしたことはありましたが、その症状などを知っているわけではありませんでした。

 

 

ーFIPについてー
 

FIP(猫伝染性腹膜炎)とは

 

猫伝染性腹膜炎(FIP)という病気を引き起こします。

猫伝染性腹膜炎は致死率が高く(99~100%)、無治療の場合、ほとんどの子が亡くなってしまう病気です。猫腸コロナウイルス(FECV)が体内で猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)に変異するのではないかと言われています。(引用元:ひだまり動物病院吉祥寺  http://www.hidamari-hosp.com/fip/

 

 

病院の先生から詳しいお話があり、FIPには3つの種類があるとのことでした。

①腹水や胸水が認められるウェットタイプ

②臓器に肉芽腫が形成されるドライタイプ

③上記どちらの症状も認められる混合タイプ

 

ララは①のウェットタイプとの診断。しかし今後、混合タイプに変化する恐れもあるとのことでした。(混合タイプは症状がさらに重くなるとのこと)

 

たった生後6ヶ月のララ。やっとお迎えできた愛おしいララ。そんなララの未来が無いなんて、震えが止まらず、到底私には受け入れる事はできませんでした。

 

*病院より診断書の掲載許可をいただいております。病院側の希望により病院名は黒塗りしております。また、私の住所も黒塗りさせていただいております。

 

↓FIP陽性という診断書。ピンク色でハイライトされている箇所が診断結果です。

 

 

ーFIPの治療方法と現在のララについてー
 

先生のお話では、唯一ララを助けられるかもしれない方法は、外国で開発された治療薬を3か月間飲み続けること。この治療法で症状が改善された事例が多くあるとのことでした。

 

しかし、この薬は日本では未承認の為、非常に高額。

 

日に日に弱っていくララ。私には迷ってる時間はありません。投薬をし治る可能性があるのなら、たとえ高額でもそれにかけてみたいと思ったのです。

 

私はすぐに投薬による治療を開始し、必ずララを寛解までたどり着かしてあげると決意しました。

 

現在のララはFIPのウェットタイプの症状のひとつでもある胸水のため、呼吸が苦しく貧血の症状も見られる為、投薬の時間以外はずっと酸素室のなかで過ごす毎日です。

 

↑酸素室に入れられ不安げなララ

     

 ↑食欲も無く、呼吸が苦しそうなララ

 

 

プロジェクトの内容

 

このプロジェクトの目的は、FIP(猫伝染性腹膜炎)にかかったララを助ける事です。

 

ララを助ける為には、国内未承認の高額な薬を84日間毎日同じ時間に投与し続けなければなりません。そして、その後半年の観察期間を乗り越え定期検査の数値が改善されれば寛解となります。

 

早速、薬の投与を始めたものの、経済的な不安は大きくなるばかりです。

 

ー治療費概算ー

 

・薬代84日間分 

2022年10月26日木曜日 投薬開始

ララの体重:1.6kg

お薬代10日分 108,160円(1日当たり10,816円)
 

2022年11月5日土曜日 2度目の処方
ララの体重:1.5kg(体重100g減)

お薬代7日分 65,830円(体重が減ったため1日当たり9,404円)

 

今後症状が改善され食欲も出れば体重が増えますので(仔猫の成長は早いです。84日間の投薬期間中に毎週100g増えると思われます)それに比例して薬の量が増えると薬代も上がっていきます。

 

体重増加のスピードを想定するのは難しいため、現段階の体重をもとに計算します。
つまり最低見積りで薬代は

10,816円 × 84日分908,544円の計算となります。

 

・酸素室のレンタル代 1ヶ月24,750円(症状が改善されるまで)

 

・週1の定期検査、診療費(血液検査、✕線検査、猫コロナ抗体価検査など)

 

1回目は診療費4万円、2回目は診療費3万円でした。(あくまでも薬代を除いた診療費です)

今後その時々のララの症状によって若干診療内容が変わってくるかもしれませんが、2回目の数字3万円で計算。

84日間間週1回の診療の予定ですので12回の診療とすると診療費・定期検査代は
30,000円 × 12回=36
0,000円

 

上記をもとに、今後予想される薬代(体重が増加しますので薬代は最低見積金額を上回ります)・診療費・検査代などに今までの支払い済みの治療費を合わせると、おおよその計算で総額160万円が必要になってくる見込みです。

 

*病院より明細書の掲載許可をいただいております。病院側の希望により病院名・カルテ番号は黒塗りしております。

 

 

当然、この治療費は自分自身で支払わなければならないものだと言うことは、重々承知しております。

しかし、前述させて頂きました通り、FIPの薬は日本では未承認な為、とても高額な金額になっています。薬代だけで、お恥ずかしながら私の毎月の収入ではとてもまかなえないのが現状です。

 

そこで、同じくFIPの猫ちゃんを抱える飼い主さんがクラウドファンディングをされているのを拝見し、私もクラウドファンディングで皆様のご支援をお願いできないかと思いプロジェクトをたちあげさせていただいた次第です。

 

今回、目標金額を80万円とさせていただいております。手数料がかかるので-20万円、税金が-2万円となり私の元ヘは58万円が入ることになります。

 

今使えるお金として、キラちゃんとソラ君が歳をとって何かしら病気になる可能性を考えすこしづつ貯金してたお金が60万円ほどあります。それをすべてララのために使用します。足りない分は売却できるものは手放し、後はできる限り生活を切り詰めて補填していく考えでいます。

 

※ペット保険ではこの病気・FIPは保障されていません。

 

皆様から頂く支援金は、全額ララの薬代、治療費に充てさせていただきます。

 

今は考えるのも怖いですが、万が一、治療の途中でララが亡くなった場合、頂いた支援金については、返金はせずそれまでの治療費に充てさせて頂きます。

 

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

84日間の投薬、定期検査、その後の経過観察を経て、FIPの寛解を目指します。(FIPは一度治っても再発の恐れがあるとされていますので、寛解という表現を使用しています。)

 

プロジェクトが成立すれば、ララちゃんの未来に希望が見えてきます。その未来のララちゃんの元気になった姿を、皆様に感謝の言葉とともにお届けしたいです。

 

そして同時にインスタグラムでもララの様子を発信して参ります。多くの方にこの病気のことを知って頂くと同時に、未承認薬により寛解した一例となり、FIPがもっと研究され、FIPで苦しみ命を落とす猫が無くなることを祈りたいと思います。

 

必ずララを元気な姿に戻してあげられるよう、84日間の投薬を乗り越えます!

 

そしてまた、キラちゃん・ソラ君と一緒に遊べるようにしてあげたいのです。

 

今回のララのことは私の問題であり、誠に身勝手なお願いですが、どうか皆様のお力をお貸し頂けないでしょうか。

 

皆様、ご支援・ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

 

最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました。

 

                                 

 

治療の経過は本ページの新着情報並びにインスタグラムで更新して参ります。病と闘うララちゃんの姿を見守っていただけますと幸いです。

 

↓Instagramはこちらから↓

 

 

<ご支援にあたっての注意事項>

 

▶︎ 1. ペット保険について
ペット保険による補償の有無:無
 

▶︎ 2. 万が一の場合の代替の資金使途について
万が一、治療の途中でララが亡くなった場合、頂いた支援金については、返金はせずそれまでの治療費に充てさせて頂きます。

 

▶︎ 3. 問い合わせ先について
本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:Instagramのダイレクトメッセージ・メールにてお願いいたします。

Instagramのアカウント: @kirasolamama

メールアドレス:kirasola99@docomo.ne.jp

 

▶︎ 4. 治療方針などが変更になった場合について
プロジェクト実施完了までの間に、治療方針や治療の要否に変更が生じた場合、支援者の皆様、READYFOR事務局に速やかにお伝えします。

 

▶︎ 5. READYFOR事務局からのご連絡
ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
【ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え】
https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/

 

プロジェクト実行責任者:
塩幡 万里子
プロジェクト実施完了日:
2023年1月18日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ララちゃんのFIP(猫伝染性腹膜炎)の寛解への為の検査費、薬代。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額の対応は先住猫のキラ、ソラが歳をとってもしも病気にかかった時の為に少しづつ貯金してたものを、すべてララの為に使います。後は毎月の生活費を出来る限り切り詰めて、治療費に当てます。

プロフィール

ララ

ララ

生後6ヶ月の女の子です、とても人懐っこく抱っこが大好きで、やんちゃで先住猫たちとおっかけっこをするのが大好きです。また元気に走り回れるララに戻れるよう、寛解に向けて頑張ります。

リターン

1,000+システム利用料


ララちゃんを助けて 1,000円【感謝のメール】

ララちゃんを助けて 1,000円【感謝のメール】

寄付金はすべてララちゃんの治療費に充てさせてください。リターンはお金のかからない方法でやらせてください。感謝のメールを送らせてもらいます。

※複数口でのご支援も可能です

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


ララちゃんを助けて 3,000円【感謝のメール】

ララちゃんを助けて 3,000円【感謝のメール】

寄付金はすべてララちゃんの治療費に充てさせてください。リターンはお金のかからない方法でやらせてください。感謝のメールを送らせてもらいます。

※複数口でのご支援も可能です

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

5,000+システム利用料


ララちゃんを助けて 5,000円【感謝のメール・ララの写真】

ララちゃんを助けて 5,000円【感謝のメール・ララの写真】

寄付金はすべてララちゃんの治療費に充てさせてください。リターンはお金のかからない方法でやらせてください。感謝のメール、ララちゃんの写真を送らせてもらいます。

※複数口でのご支援も可能です

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

10,000+システム利用料


ララちゃんを助けて 10,000円 【感謝のメール・ララの写真】

ララちゃんを助けて 10,000円 【感謝のメール・ララの写真】

寄付金はすべてララちゃんの治療費に充てさせてください。リターンはお金のかからない方法でやらせてください。感謝のメール、ララちゃんの写真を送らせてもらいます。

※複数口でのご支援も可能です

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

30,000+システム利用料


ララちゃんを助けて 30,000円 【感謝のメール・ララの写真】

ララちゃんを助けて 30,000円 【感謝のメール・ララの写真】

寄付金はすべてララちゃんの治療費に充てさせてください。リターンはお金のかからない方法でやらせてください。感謝のメール、ララちゃんの写真を送らせてもらいます。

※複数口でのご支援も可能です

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

50,000+システム利用料


ララちゃんを助けて 50,000円 【感謝のメール・ララの写真】

ララちゃんを助けて 50,000円 【感謝のメール・ララの写真】

寄付金はすべてララちゃんの治療費に充てさせてください。リターンはお金のかからない方法でやらせてください。感謝のメール、ララちゃんの写真を送らせてもらいます。

※複数口でのご支援も可能です

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

100,000+システム利用料


ララちゃんを助けて 100,000円 【感謝のメール・ララの写真】

ララちゃんを助けて 100,000円 【感謝のメール・ララの写真】

寄付金はすべてララちゃんの治療費に充てさせてください。リターンはお金のかからない方法でやらせてください。感謝のメール、ララちゃんの写真を送らせてもらいます。

※複数口でのご支援も可能です

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

プロフィール

生後6ヶ月の女の子です、とても人懐っこく抱っこが大好きで、やんちゃで先住猫たちとおっかけっこをするのが大好きです。また元気に走り回れるララに戻れるよう、寛解に向けて頑張ります。

あなたにおすすめのプロジェクト

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい! のトップ画像

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい!

山下崇 Gogreengroup代表山下崇 Gogreengroup代表

#環境保護

継続寄付
総計
27人

注目のプロジェクト

達成
FIPのリリーを助けてください のトップ画像

FIPのリリーを助けてください

tamori tamori

#医療・福祉

100%
現在
816,000円
支援者
90人
残り
2日

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする