3月から始まった移転のお手伝い。

 

今までの資料を整理してましたら、

7月14日にヒアリングをした当時のメモが出てきました。

 

その時には以下のようなことを高橋さんはおっしゃっていました。

 

「今まで30年フレンチを続けてきたが、

これからは間口の広いフレンチをやっていきたい。

もっと気軽に、フレンチを。

 

今までずっと続けてきて、辞めていった人も

沢山いたけれど、

フレンチというだけで出てくるものはみんな同じ。

 

自分自身も30年前のかっぱ橋、

15年前の谷中でフレンチを続けてきて、

 

これからは自分が得意な料理を出させて頂いて、

そして自分が好きなワインを楽しんでほしい。

 

ワインってこんなに美味しんだな。

って分かってほしい。

 

白や赤や色んな種類があって、

それにあった料理を自分の手から

今後の15年間はつくっていきたい。」

 

飲食のお仕事をされている方と、

深いところまでお付添いさせて頂いて、

 

「30年」続けてきたという意味。

 

飲食は始めたら1、2年でつぶれる。

という常識とは関係なく、

30年続けてきた事実。

 

そんな方が今後さらに15年、

3つ目のお店を「つくりたい」という気持ちだけで

今までお付添いをさせて頂きました。

 

僕もこれからも今までの30年と

これからの15年を応援したいと思っています。

 

クラウドファンディングも残りあと2日。

 

引き続きよろしくお願い致します。

 

新着情報一覧へ