READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

FIP(猫伝染性腹膜炎)と闘う小さな命にどうか力を貸してください

latte0213

latte0213

FIP(猫伝染性腹膜炎)と闘う小さな命にどうか力を貸してください

支援総額

664,000

目標金額 600,000円

支援者
121人
募集終了日
2021年9月10日
プロジェクトは成立しました!
32人がお気に入りしています

終了報告を読む


32人がお気に入りしています

プロジェクト本文

皆様のおかげで無事に目標金額を達成することができました!

ご支援してくださった皆様、私たち家族に応援の言葉をくださった皆様、そっと温かく見守ってくださった方々、すべての方に感謝いたします。

お会いしたことのない方までもすごく力になっていただき、こんなにも感動と感謝をした日々はありません。本当に本当にありがとうございました!

 

▼ネクストゴールについて

 

プロジェクト終了日までまだ少し日にちが残っておりますので、改めてネクストゴールに挑戦させていただきたいと思います。

目標金額が達成した時、開始からここまで支援が途切れることなく応援していただいた皆様のお気持ちにもう胸がいっぱいになって、これ以上お願いするのが心苦しくなりました。

しかし、この週末友人などにも相談してみたり少し冷静になって気持ちの整理をすることができ、やはりたくさんの優しい方々とのご縁や、このプロジェクトの良さをきちんと最大限に活かすべきであると思いました。これは友人のアドバイスですが、私のプロジェクトが成功することで、この先のFIPの治療に悩む飼い主さんの一つの成功例の指標になるんじゃないかと、それに実際Readyfor様への手数料もかかるわけで結構な額だよ?と諭され、本当にそのとおりだなと痛感した次第です。

また、ネクストゴールを設定することでまだプロジェクトが続いていることが伝わりやすく、さらに多くの方の目に留まる可能性が高くなります。残された期間の中で少しでもこの病気のことを知ってもらいたいという思いがあります。

 

そこでReadyfor様への手数料(12%+消費税)を差し引き、実際に60万円以上受け取れる金額として、ネクストゴールの金額を70万円に設定させていただきたいと思います。

ネクストゴールで集まりましたご支援は、Readyfor様への手数料分とさらに余剰があればこれまでの治療費に充てさせていただきます。

厚かましいお願いではありますが、ラテの治療と未来のFIPの治療のためにも、もう少しだけ見守っていただけましたら幸いです。

 

奇遇にもプロジェクトの終了日あたりまでがラテの経過観察の重要な期間と重なります。(経過観察から1週間くらいがいちばん再発率が高いとのこと)

無事にプロジェクトが終了し、重ねてラテが元気な様子の報告ができますよう、最後まで精一杯がんばります。どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

▼自己紹介

 

はじめまして。

多数あるプロジェクトの中から当プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

茶トラ猫ラテの飼い主の藤と申します。

2021年6月、我が家の愛猫ラテが生後1歳4か月でFIP(猫伝染性腹膜炎)を発症してしまいました。現在の日本ではこの病気を治す薬はなく、緩和治療的な延命治療のみとなっています。

しかし、ここ数年の間に日本ではまだ承認されていない海外の薬を処方すれば寛解までもっていけるという事例が出てきており、どうしてもラテの命を諦めることができなかった私はこの治療薬の投薬を開始しました。

ですがこの薬がとても高額で、薬だけでも最低でも約100万円はかかります。未認可のためペット保険も対象外となってしまい、とても厳しい状況です。

本来ならば飼い主である私たちがどうにかするべきなのは重々承知しておりますが、お恥ずかしながら私たち夫婦の力だけではすべてを補うことができません。

本当に勝手なお願いではありますが、どうか皆様のお力を貸して頂けないでしょうか。 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

ラテは昨年の7月に保護猫として迎え入れた我が家の初めての猫です。

ずっと猫と暮らしたかった私はもう嬉しくて嬉しくて、毎日たくさんの幸せをもらっていました。特に我が家は男子ふたり兄弟ですので、メスのラテはもうお姫様状態で家族みんなに可愛がられていました。 

 

次男はラテが大好き。ラテ、愛が重すぎてちょっと困り顔^^

 

そんなラテに異変が起き始めたのは今年の4月ころ、今まで1粒たりとも残すことなくきれいに食べていたはずのエサをまわりにこぼしながらお皿にも残すようにもなったことです。でも食欲はあったし、こぼしてはいたけど食べてはいたので、気分による食べむらかな?くらいに思い、エサを変えたりなどして様子を見ていました。

それが5月も終わりころになるとあきらかに食べる量が減ってきていて、なんだか元気もなくなり(ほぼ一日中寝ている)、体重を量ってみたらなんと2月の誕生月の時よりも1kg近く減っていたのです。それと鳴き声がかすれていたのも記憶に残っています。

さすがに心配になり、すぐにかかりつけのA動物病院へ連れて行きました。A病院の先生もはじめはラテが1歳でまだ若いことから、病気とかよりもエサの嗜好が変わったんじゃないかな~なんて仰っていたのですが、体重減少のことを伝えると表情が一変し、「すぐに検査しましょう」と。そして血液検査の結果からFIP(猫伝染性腹膜炎)の疑いが強いと言われました。

 

 

 ~FIP(猫伝染性腹膜炎)とは~

 

 猫や子猫の命にかかわる重篤な病気です。発症率は低く、猫と子猫の間で一般的にみられる猫腸コロナウィルスが何らかの原因によって強毒化し、結果としてFIP(猫伝染性腹膜炎)を発症させます。

 症状は主に「ウェットタイプ」と「ドライタイプ」の2つに分類されますが、発熱や食欲低下など、初期の段階では気づきにくい病気です。また、病気の進行が早いため多くの場合、診断後数日から数ヶ月で亡くなってしまう致死率の高い病気です。

 

 

先生のお話では、

・助けるためには日本ではまだ未承認の海外の治療薬が有効であること

・薬を使わなければ確実に助からないこと

・治療薬は認可されていないため扱っている病院も少なく、且つ高額(およそ100万~150万円)な治療費がかかること

 

が説明されました。

死と高額な治療費の宣告にショックすぎて一人では受け止められず、呆然としてしまい涙も出ませんでした。またA病院ではその治療薬は扱っていないため、もし治療するなら薬を処方してもらえる病院を自分で探さなければならない(紹介ができない)と言われました。でもこっそり場所を教えてくれました。

このかかりつけのA病院の先生も、後に行く協力病院のB病院の先生もとっても親身になってくれたのが本当に救いでした。

 

そして幸いなことに、日本でも9ヶ所しかない協力病院が自宅から車で15分の距離の場所にあり、早速ラテを連れてお話を伺いに行きました。家族会議でこのまま何もしないで諦めたくはないから、とりあえず話を聞いてから決断しようとなったのです。

電話で説明してあったのですぐに検査してもらい、そこでの診断もやはりFIPで間違いないだろうと。でも先生は「大丈夫。薬で良くなりますよ。」とはっきり笑顔で仰ってくれて。。

安堵からか号泣してしまいました。

 

やっぱりどうしても助けたい。。。

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

治療薬は84日間、毎日同じ時間に投薬し続けなければなりません。

 

ラテはドライタイプの初期で1.5倍の投薬量になります。診察時は体重2.6㎏だったので初めの投薬量は350㎎でした。50㎎1,320円の薬になりますので一日9,240円。。。

経過が良くなって体重が増えればさらに薬の量も増えることになります。ラテは元々3.7kgはあったのでそこまで体重が増加することを考慮すると薬代だけでおよそ100万円くらいになります。その他の診察・検査代等も含めると少なくても110万円以上かかる計算になります。

飼い主としてどうにか工面するのが当然ではあるのですが、お恥ずかしながらあまりに高額で簡単に用意できる金額ではなく、今後は借入等で補填していかなければならなくなります。

 

本当に勝手なお願いではありますが、ラテの治療のためにどうか皆様のお力を貸して頂けないでしょうか。

 

 

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

 

◎FIPを寛解させてラテの命を助けたい!

 

 治療薬を84日間投与して、FIPを寛解させこれからもずっと元気に一緒に暮らしていきたいです。そしてラテの元気な様子をお伝えすることによって、同じ病気で不安になっている猫ちゃんの飼い主さんの希望になれたらと思います。

 

◎このプロジェクトを通してFIPという病気のことをもっと知ってもらいたい

 

 国内で扱っている病院が少なく且つ未承認の為、なかなか薬の情報や薬の効果・作用などが調べられませんでした。先生のお話を聞くまでは不安でいっぱいでした。

 FIPという病気や治療薬の情報を共有し、もっと広くこの病気や薬のことが知られるようになれば早期発見にも繋がり、助かる命が増えるかもしれません。そして寛解して元気になる猫ちゃんが増えることによって、いつか日本でも薬が認可され、FIPを発症してしまった猫ちゃんたちの未来がもっともっと明るいものになってほしいと思っています。 

 

 

 

▼これまでの経緯

 

6月7日

ここのところエサをあまり食べなくなっていて、体重も減ってしまっていたのが心配になって近くのかかりつけA動物病院へ。発熱(39.7℃)あり。

血液検査の結果、FIP(猫伝染性腹膜炎)の可能性が高いこと、今治療できる可能性があるのは海外の未承認薬のみであることが告げられました。

 

タンパクの中のag比が0.35と低く、明らかに炎症反応を起こしていることがわかる。

 

6月9日

協力病院であるB病院へ。発熱(40.6℃)あり。

超音波検査では肉芽腫のようなものもいくつか見られ、血液検査の結果と合わせて見ても、FIPのドライタイプ初期でほぼ間違いないであろうとのこと。肉芽腫部分の細胞を外部の細胞検査にまわすことに。先生からひととおりの説明を受け、細胞検査の結果を待つか、今日からすぐに投薬を始めるかの選択に一刻も早いほうが寛解の可能性も高いと考え、この日から治療薬を処方してもらいました。薬が効けば2~3日で明らかに改善の兆候が現れるそうです。

84日間投薬すれば初期~中期の3ヶ月後の生存率は80~90%、再発率は5%とのことでした。1ヶ月もたないかもと言われたラテが助かるかもしれないと思うと本当に嬉しかったです。

また、ドライタイプは発見や診断が難しいらしく、よく気づきましたねと言われました。おそらく体重減少に気づいた時にすぐに病院に連れて行ったのが功を奏し、そしてFIPではないかと疑って診断してくれたA病院の先生にも本当に感謝しかないです。普段から食事の量や体重などはこまめに記録しておいたほうがいいなと痛感しました。

 

取り急ぎ8日分を処方して頂きました。1日あたり350mg=9,240円

(薬は未承認薬の為、名前は伏せさせていただいております)

 

6月11日

投薬開始から3日。明らかに起きている時間が長くなり、エサも一日を通して少しずつ食べられるように。元気も出てきて猫じゃらしやトンネルで遊ぶ姿も見られるようになった!

 

Instagramに投稿した投薬5日目の写真です。

まだまだ本調子ではないですが少しずつ元気になってきました。

 

6月16日

投薬開始から8日目。すっかり元気食欲を取り戻し、エサもあげたら即完食。

おなかが空いてしょっちゅうごはん!ごはん!と騒ぐように^^検査結果はまだ出ていないが薬も効いているのでFIPに間違いないだろうということで、このまま治療を進めることに。

薬だけ処方してもらいに私だけ病院へ。体重が2.7kgを超えたことを伝えると今日から1日の投薬量が400mgに増量。来週の診察までの8日分を処方してもらいました。

 

追加で8日分処方して頂きました。1日当たり400mg=10,560円

 

 

後日送られてきた報告書によりFIPと確定される。

 

6月23日

投薬から2週間後の診察・検査のためにB病院へ。体温38.2℃(平熱)

肉芽腫は見えなくなり、血液検査の結果も2週間前の数値より少し良くなっていました。

特に薬の副作用も出ておらず、このまま様子を見る感じで次回は1か月後の診察で大丈夫との診断でした。約2週間分処方してもらい帰宅。経過良好とのことでひとまず安心しました。

 

 

7月7日

追加の薬を処方してもらうため私だけ病院へ。体重が3.1kgを超えたら1日の投薬量を50mg追加してくださいと言われ、その分も加味して薬を処方してもらいました。

 

 

 

▼ご支援金の使い道

 

皆様からのご支援はすべてラテの治療費に使わせて頂きます。

 

6月7日〜7月7日の治療費合計 593,055円(そのうち薬代は46日分で488,400円)

残りの薬代およそ38日✖️11,880円=451,440円

その他検査代などを含めた推定治療費は最低でも110万円かかる試算になります。

 

この推定治療費110万円のうち、私たちがどうにか捻出できる自己資金50万円を引いた金額

60万円を目標金額に設定させて頂きたいと思います。

 

また考えたくはないですが、万が一治療中にラテが亡くなってしまった場合にも頂いた支援に関しましてはご返却することができないことをご理解の上ご支援頂けると幸いです。その場合はこれまでの治療費・診察代に充てさせて頂きたいと考えております。

 

 

▼リターンについて

 

友人のデザイナーさんや職人さんの全面的な協力により、私ひとりでは決して作れないような素敵な品を作って頂いております。

ご支援いただいた方々に少しでも喜んで頂けるよう感謝の気持ちを込めて、

 

*お礼のメールまたは直筆のお手紙

*ラテの画像

*ラテの写真のポストカード

*ラテのデザインのマグネット

*ラテのデザインのステッカー

*ラテのデザインの鍋敷き

*ラテのデザインのエコバック

 

などを送らせていただきます。

 

【リターン品に関します注意事項】

・現在新型コロナウイルス感染症の影響から、リターン品の発注・発送が遅れる可能性があることをご了承ください。その際には遅延のご連絡を差し上げます。

・万が一、リターン品が中止になった場合には代替品を提案させていただきます。

 

画像はサンプルです。デザインは変更になる場合もございます。

 

 

▼実施スケジュール

 

◎投薬期間:2021年6月9日~8月31日(84日間)

その間に2週間~1か月に一度の血液検査やエコー検査、症状に応じた各種検査、病状によって適宜治療が施され薬が処方されます。 

 

◎経過観察:2021年9月1日~11月21日(約3ヶ月)

投薬終了後、経過観察となる予定です。再発しなければ寛解となります。 

 

◎リターン準備・発送完了予定:2021年9月~10月末

 

また、ラテの回復状況や集まったご支援金の使途明細につきましては随時活動報告やInstagram・Twitterなどにて状況を発信していきます。

Instagramアカウント @latte.0213

Twitterアカウント @latte200213

 

 

▼おわりに

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ごはんが大好きで家族の誰かが帰ってくるたびに、「ごはん!ごはん!」とまとわりついていたラテが食欲がなくなり、寝ている時間が増えていました。飼い主としてもっと早く気づいてあげたかったですし、発症したのはどこかでストレスを与えてしまっていたのかな..と自分を責めました。そして正直、治療費の高額さに驚きと不安がありました。

でも助かるかもしれない命をどうしても諦めることができなくて、辛いだろうに一生懸命甘えてくるラテを助けたくて、ラテともっと一緒にいたくて、私にできることはなんでもしようと決意しました。

 

ラテが我が家へ来てくれたのは、運命だったのだと思っています。

 

資金不足は不甲斐ない自分のせいだと自覚していますので、正直クラウドファンディングを知った時も、立ち上げるか迷いました。またこのような取り組みを不快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも賛同して応援してくれる友人たちの後押しもあり、応援するよ!と言ってもらえることは素直に嬉しく、ラテのためにも私にもできることをしようと思い、クラウドファンディング設立を決意しました。

そしていつか、私が励まされ勇気づけられたように、同じように病気と闘う飼い主さんたちへ優しさのバトンを繋げていきます。

世の中がこのような大変な状況の中、本当に勝手なお願いではありますがどうか皆様の力を貸してください。このプロジェクトに賛同して頂ける方の温かいご支援をお待ちしております。

 

 


【プロジェクト終了要項】

●治療・手術対象    
ラテ(猫・雑種・1歳メス)

●治療・手術内容    
FIP(猫伝染性腹膜炎)の治療のため、未承認薬の投薬(84日間)

●治療・手術完了予定日    
2021年11月21日

●その他    
本プロジェクトの実行のために必要な金額のうち、目標金額との差額分に関しましては、自己資金・借入等で補填する予定です。

プロフィール

latte0213

latte0213

東京都在住の藤です。FIP(猫伝染性腹膜炎)と闘うラテのためにクラウドファンディングに挑戦させていただくことになりました。皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

リターン

1,000


alt

ラテ応援コース1

・心を込めたお礼のメール
・ラテの画像データ1枚(ランダム)

を送らせていただきます。

支援者
40人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

3,000


alt

ラテ応援コース2

・心を込めたお礼のメール
・ラテの画像データ3枚(ランダム)

を送らせていただきます。

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

5,000


alt

ラテ応援コース3(リターン不要)

・心を込めたお礼のメール
・印刷して使えるラテのポストカードデータ2枚(ランダム)

を送らせていただきます。

こちらはメールアドレス以外の個人情報が不要なリターンとなります。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

5,000


ラテ応援コース3

ラテ応援コース3

・心を込めたお礼のお手紙
・ラテのデザインのポストカード2枚(ランダム)
・ラテのデザインのステッカー2枚(ランダム)

を送らせていただきます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

10,000


alt

ラテ応援コース4(リターン不要)

・心を込めたお礼のメール
・印刷して使えるラテのポストカードデータ3枚(ランダム)

を送らせていただきます。

こちらはメールアドレス以外の個人情報が不要なリターンとなります。ご支援金はすべてラテの治療費に使わせていただきます。

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

10,000


ラテ応援コース4

ラテ応援コース4

・心を込めたお礼のお手紙
・ラテのポストカード3枚(ランダム)
・ラテのデザインのステッカー(ランダム)
・革のマグネット(刻印入り)

を送らせていただきます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

20,000


ラテ応援コース5

ラテ応援コース5

・心を込めたお礼のお手紙
・ラテのデザインのポストカード3枚(ランダム)
・ラテのデザインのステッカー2枚(ランダム)
・革のマグネット2つ
・木の鍋敷き、又はエコバック(どちらか選べます)

を送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

30,000


ラテ応援コース6

ラテ応援コース6

・心を込めたお礼のお手紙
・ラテのポストカード3枚(ランダム)
・ラテのデザインのステッカー(ランダム)
・革のマグネット
・木の鍋敷き
・エコバック(デザインは選べます)

を送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

プロフィール

東京都在住の藤です。FIP(猫伝染性腹膜炎)と闘うラテのためにクラウドファンディングに挑戦させていただくことになりました。皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEW

琉球開闢稲作の聖地♡南城市百名に子供達の笑顔輝く愛馬☆鷹の里造り!

「あおぞらニライカナイ牧場」玉城 真「あおぞらニライカナイ牧場」玉城 真

#子ども・教育

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
59日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする