1月9日の演奏曲は
ベートーヴェンの交響曲【運命】【田園】ですが、私が中学生時代、鬱の時期 心身の不調に追い討ちをかけるように様々な苦悩・困難が訪れました。

あの頃、へルマン・ヘッセの文学やベートーヴェンの音楽【運命】【第9】に出会い、支えられた。

50円の指揮棒を買って、暗い部屋でレコードをかけ、スピーカーから流れる音楽に指揮してた。
思えば、あの頃から指揮をして、自分の表現をしたかった。世界の一流の演奏を選んでは、ここは良くない とか、悲しみの表現が浅い とか、厳しさに不足するとか~~

生意気だったな~~。
あれから50年以上の歳月が過ぎ、やっと【五番・運命】を指揮する。

素直に。【第5】は、私の人生にぴったりの音楽です 

あの有名な出だしの第1楽章 逞しい意志の 深い祈りの世界。

しかしこの交響曲第5【運命】第2楽章の優しい歌・慰め・祈り 様々な心がゆったりと豊かに歌われて、素晴らしい魅力溢れる音楽です。
第3楽章の葛藤を経て、第4楽章の圧倒的な歓喜・解放・勝利の音楽世界 感動的です。

誰の人生にも、苦悩・困難・辛い時期は不可欠。それ故に解放の喜び
苦難を克服した勝利の誇らしい世界は感動的。

新しい年明け、世界最高の【運命】
圧倒的な感動の演奏をお贈りします。

 

ベートーヴェンの交響曲第5番【運命】って、こんなに素晴らしい 凄い音楽だったんだ って思って頂けると確信します。

 

もう1つ【田園】

最終楽章の感動的なこと ベートーヴェンが書いた【嵐の後の安らぎと感謝の祈り】 苦しみ深い人生を歩んだ者ゆえに表現できる感動・感謝 愛と安らぎの音楽。

ああ、この交響曲も 素晴らしい 凄い音楽だったんだ って感動して頂けると確信します。

ベートーヴェンが書いた最も【平和な音楽】を世界の平和への祈りとして、満席のホールから宇宙へ ♪ 

是非ご一緒ください。

新着情報一覧へ