プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

**********************************

みなさまの応援、本当にありがとうございます!

 

皆さまのおかげで100万円を超えました!
本当にありがとうございます!

ただ現在、たくさんの学校や行政から講演依頼の問い合わせをいただいております。
しかし交通費がネックとなり、諦める方もたくさんいらっしゃいます。。

この挑戦を実現させるために、3月30日(木)23:00まで、私はネット上で支援を募集しています。
交通費というネックを取り除き、より多くの学校・教育現場に伺う機会をつくるため
どうか皆さまのお力添えをよろしくお願いいたします。
 

清水展人

**********************************

 

性で悩んでいる子供たちに自分らしく生きていいことを教えてあげたい。

 

はじめまして!清水展人(しみずひろと)と申します。LGBTをはじめ、セクシャルマイノリティーがありのままの自分で生きることができる社会、多様な個性を認め合える社会を実現したいと思い、積極的に活動しています。

 

私自信、性同一性障害で誰にも悩みを打ち明けられず、苦しんでいた時期がありました。そんな経験をいかし、現在様々な場所で講演活動を行っています。

 

しかし交通費や旅費が用意できず、講演会を諦めざるを得ない学校も多くあります。そこで今回皆さまのお力をいただき、交通費や旅費はこちらで準備し、今まで行くことのできなかった地方や少人数学校へも伺いたいと考えています。

 

全ての人が自分らしく生きることのできる社会になってほしい。どうか皆さま暖かい応援・ご支援をよろしくお願いいたします!

 

自分らしく生きる世の中に!応援よろしくお願いします!

 

 

乗り越えてきた数々の試練を「使命」に変えて生きる

 

1985年、兵庫県神戸市に長女として誕生。 幼いころから性別に違和感があり、 周囲からの暴言やいじめを経験してきました。

 

しかし、高校時代まで誰にも相談することができず 一人、悩みを抱えたまま過ごしてきました。 そんな中、18歳の時に、教員をしていた父、保育士をしていた母に カミングアウトしますが、両親も深く悩みました。

 

その後、病院にて性同一性障害と診断を受けました。 母親は強いストレスを感じ、体調を崩しました。 自分自身を受け入れ、他人に心を開くこと、親との葛藤など、 ありのままの自分で生きていくことに、もがき苦しんできました。

 

七五三の時、このときはまだ打ち明けられませんでした。

 

21歳の時に意を決して海外での手術を行い。 帰国後は、裁判所にて氏名・性別の戸籍変更を終えました。 

 

戸籍変更後も社会との葛藤は続きますが 2012年に周囲には「絶対に無理だ」と言われていた、 結婚を叶え、現在も妻と一緒に仲良く暮らしています。

 

結婚後、妻と一緒に、自分自身が経験してきたことを生かし、NPO法人 Japan GID Friends (ジャパン ジーアイディ フレンズ)を設立し、昨年そのNPO法人を引き継いだ形で一般社団法人日本LGBT協会を設立しました。

 

そして現在、全国各地の学校、企業、PTA会など、講演会の講師として駆け巡っています。

 

愛するパートナーと結婚でき、今とても幸せです!

 

 

地方であれ、小さな学校であれ、将来を担う子どもに知ってほしい!

 

今回、皆さまからいただいた支援金は、地方へ講演に行く時の交通費や宿泊費として大切に使用させていただきたいと考えています。

 

地方だけど、遠方だけど、小さな学校だけど、私の学校の生徒にも、生の当事者の話を聞かせたい! 実際に私のホームページにはこのようなメッセージをいただいています。

 

しかし、 どうしても交通費や旅費がネックになり、伺えないケースも出てきている、という現状があります。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
徳島県の小学校での啓蒙活動の様子。みんな真剣に聞いてくれました。

 

 

今、悩んでいる当事者の方というのは都会だけではなく、地方や田舎にも存在しています。田舎だからこそ、カミングアウトしづらい、という声も聞かれています。

 

「こんな田舎には性的マイノリティはいないんじゃないか?」「聞いたことがない、そんな人に会ったことはない」と言われることが多々あります。しかし実際に講演活動を行うと、今までに見えていなかった当事者の声を吸い上げることができるようになってきた、という現状があります。

 

是非、当事者の方々の住みやすい地域作り、社会作りの力になれたら、と思っています。

 

また、当事者以外の方々に性的マイノリティのことを知っていただくこともとても重要なことです。周囲の方々が正しい知識を持ち、理解が深まれば、当事者たちもありのままの自分で生きることができるようになるからです。

 

是非、山奥であれ遠方であれ、地方であれ、私を必要としていただける学校があれば、講演にまわらせていただきたいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
私を必要としてくれる人がいる限りどこにでも伺いたいです。

 

 

誰もが自分らしく生きることが出来る世の中に!

 

今後、このような啓発活動を地道に続けることによって、日本のどこに暮らしていても、ありのままの自分で、生きていける日本になることを願っています。一歩一歩、自分にできる行動をしていきたいと思います。

 

そして、小さな行動の積み重ねにより、世の中全体が、性的マイノリティに関してはもちろん、様々な人の生き方、価値観、考え方を尊重しあい、寛容に認め合える人が増えてほしいと思っています。

 

ありのままの自分で生きていきたい。

これは、誰もが願っていることではないでしょうか?

 

誰もが、自分らしく生きることができる社会の実現に向け、みなさんのお力添えを頂き、新たな一歩を踏み出したいと考えています。

 

どうぞご支援よろしくおねがいいたします!

 

どうぞご支援よろしくお願いいたします!

 

清水展人公式HP:https://tensai-simizu.jimdo.com/

 


最新の新着情報