さあ、明日、明後日と杉組の練習をしたら、

週末は、南相馬からキャストたちが杉並に向かい、

最後の合同練習。

 

そのあとは、本番です。

 

 

 

クラウドファンディング も、いよいよあと1週間を目前に

本公演に向けての準備も加速してきました。

 

「今年は見にいけないんだけど、来年もやるんでしょ」

 

というお言葉をいただくことがあります。

 

 

が、はっきり言えば、次にいつやるのか、

次にいつ、やれるのか、それは分かりません。

 

本公演は、学芸会や、

お涙頂戴の素人ステージを目指してはいません。

「どうせ、被災地の子達の、発表会でしょ」

「補助金とか、助成金とかたくさんもらってやってるんでしょ」

「ああ、子供達のミュージカルね。子供っぽい曲は、好きじゃないのよ」

 

とか。。。多分、イメージはあると思います。

けれど、このどれもが全然違います。

 

 

この舞台は、そんなイメージでこられた方には

ぶっ飛ぶほどの全く違う世界をお届けします。

 

 

私が南相馬で紡ぎあげる曲は、

これまでの自分の技術、センス、経験値、その全てを

それ以上に注がせてくれます。

そしてそこに力を貸してくれるプロのミュージシャン達は

もちろん全国区で活躍される方々。

アレンジ、演奏、構成、プロのミュージシャンが手がける楽曲で

流行りのJ-POPをベースに、その先を目指します。

 

 

今回ゲストに来てくれるいわきのHIPHPユニット

メヒカリボーイズ

これからの福島を背負う男の子達です。

 

 

 

 

 

 

そして脚本・演出は、東京でも活躍中のプロの演出家さん

夢麻呂さん

 

トモプロに一貫した「夢と愛と勇気」を注ぎ続けてくれた

6年間。

ご自身も、今年は熱く活動しすぎて、

先週倒れてしまいました。。。(笑

 

 

 

 

 

 

 

ダンスは、情熱的な3人のダンス講師。それぞれの得意分野での

振り付けをしてくれます。

 

 

左から TOMOKI

真ん中 かおり先生

右    KENT

 

それぞれがダンサーとしても

活動中の3人。

 

 

そして、その全てに応える子供達。

好奇心と、負けん気と、元気が、

特別に優っているトモプロちゃん達です。

どうしてここには、こんなにエネルギーの高い子がやって来るんだろうと

考えたことがあります。

 

 

けれど、それは違うなあ、と分かったのです。

 

トモプロに来る子達は、特別な子達ではありません。

どちらかと言えば、不器用で、まっすぐで、

古風な昭和的(?w)な子達かもしれません。

いろんなタイプの子がいます。

 

学級委員タイプ、

はみ出したオシャレさんタイプ、

Youtuberみたいなネット依存な子、

クラスで浮きまくるうるさい子、

踊るのが大好きな人気者、

ダンスが下手でお笑いとる子、

お勉強のできるメガネ君、

真面目な優しい子、

ツンデレくん、

負けん気が強くて、すぐ、くじける子、

歌の大好きな感受性豊かな子

などなど。。。。

 

 

 

本当に、おんなじような子は、一人もいません。

 

 

そこで、思いました。

それが、トモプロだと。

 

 

 

一人一人、全員が違うのです。

違う個性を、そのままにしておきます。

 

なになにちゃんが凄い、んじゃなくて

なになにくんの方が、凄い、んじゃなくて

 

 

それぞれの良いところも悪いところも、

そのままに、しておくんです。

 

だって、それが、人が輝く、一番の方法だからです。

 

 

講師達、スタッフ達は、いつも全員を見回して

どの子にも必ずある「LITTLE STAR」を見つけます。

そしてその子が輝くように、シーンを作ります。

 

 

だから、子供がやる気になる。

 

 

期待されるから、やる気になるんです。

 

 

 

そうして、子供ってね、

褒められると嬉しいです。

拍手されて、ステージを見てくれた人が笑ってくれると、

本当に嬉しいです。

理屈じゃなくて、理論じゃなくて、

本能的に嬉しい。

 

 

ああ誰かの、役に立った。。。って思えること。

 

 

 

 

子供って、素直なんです、本当に。

ひねくれてく子も、来ます、トモプロに

 

でも、私たちは、ひねくれてても

まっすぐでも、

障害があっても、

踊れなくても、

 

そんなこと、全然気にしないんです。

 

 

ここに鳴り響く音楽は、必ず、

みんな、踊りたくなる!!!!

 

 

 

って信じてます。

 

 

悲しみのどん底にいた南相馬に

「みんなのうた」を作らせてもらってから

歌の力を本当に信じ始めました。

 

音楽の力を、本当に信じ始めました。

 

 

どんな人も、大丈夫、

ここに鳴り響く音楽で、必ず、踊り出す。

 

 

そう思えるから、どんな壁も壊してくんですね、

トモプロちゃん達。

 

 

下は3歳から、上は中学2年生までの、

いろんな場所にいる子達が、一つのステージに立ちます。

けれど、全員が、全員の名前を知っています。

全員が全員のことを信じています。

 

 

ステージの上だけで繋がっているチームではなく

ステージの下で、しっかりと繋がっているチームだからこそ

なし得る、ステージ。

 

 

「今度いつやるの?」

 

と聞かないでください。

 

毎回、これで終わりだと、思いながらやっています。

 

毎回、これ以上の力は出せないなあ、と思いながら

やっていますよ。

 

 

 

ぜひ、23、24日、南相馬に、見にきてください。

 

ビデオや、You Tubeでは絶対に味わえない感動が、

ここにあります。

 

 

********************************

 

 

新着情報一覧へ