こんにちは。LPixel 研究員の湖城です。
いつもLPixelおよびLP-examについて応援、ご支援下さいありがとうございます。

 

前回、画像処理・解析ソフトウェアとしてImageJを紹介しました。
ImageJは世界中の研究者、大学院生、大学生に使われています。もちろん、日本でも。
しかし、生命科学の研究者、大学院生であっても、「ImageJって聞いたことはあるけど、使ったことは無い」という方に筆者は結構出会います。
画像を扱う研究者でもまだImageJデビューを果たしてない人がいるのです。

 

そこで画像処理·解析の基礎、第3回目の今回は、ImageJの導入方法を紹介します。
といっても、ダウンロード·インストールは通常のソフトウェア同様、すごく簡単です。

 

まずはImageJのダウンロードサイトへ。
http://rsbweb.nih.gov/ij/download.html

Mac版とLinux版、Windows版の中から、使用OSに合わせてImageJをダウンロードします。
スペースの関係でMac版のみ説明しますが、Windows版も基本的に同じ流れです。

 

"ImageJ"フォルダがダウンロードされました。
(他のアプリケーションと統一するため)アプリケーションフォルダにImageJフォルダをフォルダごと移動しましょう。

 

移動後、ImageJフォルダの中身を確認すると3つのファイルと3つのフォルダがあります。
1. ImageJ
2. ImageJ64
3. luts フォルダ
4. macros フォルダ
5. plugins フォルダ
6. README

 

1と2がImageJソフトウェアです。
Macが64bitに対応している場合はImageJ64を選びましょう。
3は擬似カラー表示に関するファイルが格納されています(とりあえず気にしないで下さい)。
6にはフォルダに関する説明が書かれています(この記事の内容が英語で書かれているので、気にしないで下さい)。
4と5は重要です。
プラグインを追加する場合4のpluginsフォルダに入れていきます。
(マクロを追加する場合は3のmacrosフォルダへ)

 

通常、プラグインは「***.class」ファイルあるいは「***.jar」ファイルとしてダウンドードできます。
ダウンロードしたプラグイン (***.class or ***.jar) をpluginsフォルダへ格納すれば、ImageJにプラグインの機能が付加されます。

 

すごく簡単にImageJの導入を説明しました。
より詳細に知りたい方向けに、この連載をまとめたコラムを弊社webページ上で作成予定です。
そこでは画像処理の原理からImageJプラグイン作成まで説明したいと考えています。
どうぞご期待下さい。

新着情報一覧へ