こんにちは。sacomworks/しまこみ編集部です。

 

私は小学校5年生のときから釣りにはまり、社会人になってからルアーを続けています。仕事帰りに釣りに行くほどハマっていましたし、ほんとよく釣れました。

 

 

近年はほんと釣れません。

昔あれだけいた小魚(ベイトフィッシュ)もかなり少なくなり、相変わらず釣り場にはゴミがあります。

 

ゴミに関しては拾うことも大事ですが、何よりも捨てないことだと思っているので、港の常連さんを味方につけたり、親子向けの釣り大会を企画して講習でゴミ問題や安全について伝えることをしてきました。

 

釣り雑誌でのライターも経験していますが、記事中にゴミの話を書いたり、ブログやサイトで記事を書いたりもしています。

 

 

 

そこで「なぜ漫画なのか?」という話なのですが、漫画も本当に偶々で、まさか漫画家を名乗ることになろうとは5年前までは思いもしませんでした。

いまでも画力的に漫画家を名乗ろうなど、おこがましいとも思いましたが、既に1冊の物語を描き上げている身。

 

そして年明けあたりには2冊目の原稿が仕上がるというところまでやってきました。

 

 

 

 

今までは漫画家ではないというスタンスだったのですが「これだけ描いてて漫画家を名乗らないとはけしからん」と、地元の漫画家さんより注意を受けしまうことに・・・そんなわけで漫画家を名乗らせていただいております。

 

 

漫画を描き始めたきっかけは本業のワッペン製作で「萌えキャラを作ろう」というとことから。

そしてキャラクターを動かして性格付けをしたい。絵の練習をしたいということで漫画執筆が始まりました。

 

 

地元の出版社でのWEB連載を経て漫画配信サイト「しまこみ」を立ち上げて現在に至ります。

 

元々はサバイバルゲームのキャラクターとして描いた作品でしたが、沖縄の出版社ということで、経験も情報も沢山もっている「釣り」をテーマに描くことにしました。ラッキーキャッツルアーフィッシングスクールの誕生です。

 

ちなみにラッキーキャッツには2つあり、一つは海の守り神と言われるオスの三毛猫のラッキーキャット。これは釣り船をやっていたときの船のマーク。私が好きな映画からベケットという名前でした。

 

そしてこの三毛猫を女の子にしたのが、ワッペンの第一号キャラクター「ミキさん」でした。ミキという名は沖縄方言の三毛の読み方(ミキー)からです。

ラッキーキャットのもう一つの意味は「まねきねこ」です。

 

女の子たちは滑って怪我をしそうになったり、ポイ捨てに困ったり。港の人たちから怒られたりしながら「やってはいけない事」「これからも釣りを楽しむためにはどうしたらいいんだろう?」という体験をしてもらい、読んだ人も疑似体験しながら学ぶことができればいいなと思いながらペンを走らせています。

近年は釣りの漫画が立て続けに登場しています。

釣り漫画ブーム来るかな?と思っていますが、私は私のペースで描いています。

プロの先生方には画力も可愛さも勝ち目がありませんからね・・・(涙)

むしろブームに乗る”コバンザメ作戦”発動中という(汗)

 

 

その代わり、魚の話はガチです。

ネットで調べたくらいではわからない情報も載せています。

私の経験談や考察もだいぶ入っていますので、情報量だけはやたらと多い自信があります。

 

 

私は釣り人ですから「釣り魚は主役」だと思っています。

 

なので作中では、魚を魅力的に描きたいし、魚を取り巻く世界観(生態系)もきちんと描きたい。むしろそっちを描きたいという思いがあります。

画力はいきなり上がらないので、大目に見てやっていただけたらありがたいですが(汗)

 

 

安全やマナーのほか、沖縄のルアーフィッシングの教科書としてもお使いいただけると思います。

 

主役たる魚達が活躍し、釣り人が楽しめる場所も作っていきたいですね。そのための教科書になれればいいなと思います。

新着情報一覧へ