明日が最後の訪問地です。

もうかれこれ二週間以上欧州にいます。準備していたプログラムももう1日になります。最後に伺う地域のことを知っていただきたいと思いすこし書きます。ドイツのレッテンバッハ村というミュンヘンの南西に位置する人口900人ほどの村についてです。

○レッテンバッハ村のHP
http://www.rettenbach-am-auerberg.de/

○レッテンバッハ村の紹介記事http://blog.livedoor.jp/eunetwork/archives/16471636.html

○レッテンバッハ村のウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

この村は、太陽光、木質バイオ(薪ボイラー、チップボイラー)などのエネルギーシフトの運動や地域通貨、村営のスーパーなどに取り組む村です。この村、1973年に合併したそうです。下水や道路などのインフラなどの整備にお金がかけられなくなり、荒廃し、商業もによってどんどん活力が失われ、ひどい状態になったそうです。

ここから何とかしなくてはということで、村民が立ち上がり、1993年に州の法律まで変えてなんと独立してしまいました。その後、自分たちの村で一通りの買い物ができるように村営スーパーを開店したり、市民活動への助成をすべてその村でしか使えない地域通貨で支払ったり、太陽光発電を推進し村民の消費量を裕に超える電機を売電したり、木質バイオマスで雇用を作ったりして、今は豊かな村になっています。
ドイツで盛んに運動になっているエネルギーシフトの良い例だそうです。

しかも村営スーパーの下には薪ボイラーがあって、スーパーや周辺の建物へ熱を供給しています。なぜ薪にしたががおもしろく、薪だと誰でも持込ができるので誰でも利益を得られ、誰でもエネルギーシフトに参加できるようにするためだそうです。しかも、この薪の代金は地域通貨で支払われています!
すごく木の駅に似た仕組みができています。
しかも共同店舗や薪ボイラーまで!同じことを考える人がいるんだなっと話を聞いて感動した次第です!

どうしても行きたいっ!といてもたってもいられなくなって、最終日にオーストリアの通訳のカリンさんに無理して来てもらって伺うことにしました。

薪ボイラー如何ではなく、地域としてこの村に、日本の山村の未来を感じています。
今日はフランクフルトです。今日のホテルはお風呂にバスタブがあると漬かれるのでうれしいです(笑)このたびも、もう一日です。日本や欧州の多くの方に支えられてここまでこれました本当にありがとうございました。

またREADYFORでご支援を頂きました皆様、後押しを頂いた皆様、何とか金額も達成することができました。本当にありがとうございました。

9日の夜に日本に到着します!

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています