READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

中学生に「こころの健康」を育むための副読本をもっと届けたい!

中野彰夫

中野彰夫

中学生に「こころの健康」を育むための副読本をもっと届けたい!
支援総額
1,027,000

目標 900,000円

支援者
74人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2015年04月17日 18:51

「自分でできること」

こころの健康副読本編集委員会事務局の中野です。

プロジェクト開始から10日が過ぎました。期間はあと1か月となりました。

本日までに23名の方に合計239,000円ご支援いただいております。

ほんとうにありがとうございます!目標達成まであと661,000円です。

 

 

今日は副読本の内容の一部をご紹介させていただきます。

前回ご紹介した「ユガミン」は、自分の考え方のクセに

気づくことでストレスに上手に対応できるようになるという

認知療法の考え方に沿ってつくられています。

 

自分のことは自分が一番わかっているつもりでいて、

ほんとうはよく知らなかったりすることもあります。

何かあった時に、意識しなくても自動的に特定の考えが

浮かんでしまい、それに気分が影響されたりしてしまいます。

ですので、その考え方のクセを知ることで、

いやな気分の原因がわかって、気持ちが軽くなることに

つながっていくという考え方です。

 

副読本には、こころの不調を感じた時に、このような

「自分でできること」をたくさん盛り込んでいます。

 

そのひとつに、自分の行動を変えてみるという方法があります。

自分が、いつもとちがうということに気付いたときに、
気分を変えるための行動として6つのヒントをご紹介します。

 

 

(行動の6つのヒント 副読本の10ページより)

 

人それぞれでよいと思える行動のヒントはちがいますし、

実際にやってみないとわからないとも思いますが、

この方法も「ユガミン」と同様で、年齢に関わらずヒントになることなので、

何か感じた時に、いづれかを試しにやってみるのもよいかも知れません。

 

このような情報も、副読本を通して一人でも多くの中学生に

届けていければと思っています。

引き続き、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

■「悩みは、がまんするしかないのかな?」本誌および先生向け解説書 各1部

支援者
42人
在庫数
制限なし

10,000

■「悩みは、がまんするしかないのかな?」本誌および先生向け解説書 各5部

■副読本を配布した中学校のリスト

支援者
25人
在庫数
22

30,000

10,000円の引換券に加えて

■2013年、14年度の取り組みに関する報告書

支援者
10人
在庫数
40

100,000

30,000円の引換券に加えて

■本誌を使った出前授業(1回)

■新たな副読本の制作に向けた企画への参画

支援者
3人
在庫数
7

プロジェクトの相談をする