神戸・三宮の開催まで、あと一か月を切りました。東北の方々の「声」のパネル制作、映像の編集、会場の展示の方法、会場設備の手配・運搬、宿の手配などなど、準備すべきことが山ほどあって、がんばり甲斐があります。

この日も、集まれるメンバーだけで集まり、議論・決め事を議事録として全メンバーに展開しました。そして、各々が連携をとりながら、その役割分担のもと、ガシガシと動いていくのです。


お預かりした東北のみなさんの声を、できるかぎり最良の方法で展示して、しっかりと想いを伝えたい。その気持ちだけで動いています。

 

そして、来週も、東北へ出向いて、いろいろな人たちからお話を伺う予定になっていますので、その様子もまたご報告しますね!

 

ひき続き、メッセージ3.11 神戸での展覧会プロジェクトを、ご支援のほどよろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ