はじめまして、加茂登志子と申します。愛するモンタンと一緒にご挨拶させて下さい。モンタンは「トイプードル」という触れ込みで我が家に来たのですが、いつの間にかこんなに大きく育ってしまいました。

 話せば長いのですが、富士花鳥園の仕事は父親から譲りうけたもので、雪害はさあ、やるぞ、と意気込んで社長になった途端に起きた大事件でした。でも、スタッフの頑張りとファンの皆さんのご支援で何とかここまで持ち直すことができ、さらにステップアップしよう、とこのプロジェクトに取り組めるようになったなんて本当に夢のようです。 

 実は、私は週の半分は東京で精神科医としての仕事をしております。なにかずいぶん違う仕事でダブルワークしてるんだな、と思われる方もおられることでしょう。でも、特に力を入れて取り組んでいる親子相互交流療法(PCIT)は花と鳥の仕事にとても通じるところがあるんです。いずれまたこの場を借りてお話できればと思います。どうぞよろしくお願いします。

加茂登志子とモンタン