水戸桜川千本桜プロジェクトは、2012年10月、KIBOW水戸の水戸復興創造プランコンペ(@千波湖好文カフェ)で、震災復興のプランの1つとしてプレゼンを行い、会場の皆様による投票で優勝させていただき、今日に至ります。

光圀公以来の桜川の歴史的景観の復興を主目的に活動しております。あまり声高に申し上げてきませんでしたが、もう1つ目的としているのは、植樹による震災の「記憶と鎮魂」です。これは優勝時のプレゼンでも申し上げたことです。プロジェクト誕生の経緯からも、そのことを忘れずに進んで行こうと思っております。

東北三県(陸奥=みちのく)とわが茨城(常陸=ひたみち)は「陸=みち」でつながる一帯の場所です。そして東日本大震災の津波はまさに陸奥・常陸の海を襲いました。苗木の提供などで東北各地の鎮魂の植樹事業とも連携していきたいと思っております。

新着情報一覧へ