ダッカで、スラムと呼ばれるような地域に行ってきました。
俗にいう、1日$1以下で暮らす人たちがすんでいる地域です。


田舎から首都・ダッカに出てきた人たちが、空き地に勝手に掘建て小屋を作って住み着いているのですが、早く住み着いた人が2つ掘建て小屋を作って、他人に月1000円とかで貸し出したりしています。

その他、超格安の食堂があったり、調味料などが小分けで売られていたりと、彼らに求められているビジネスが自然発生的に生まれ、根付いていることが、人間の凄さを感じさせてくれます。

このような地域では、電化製品に求められている機能も我々に想像もつかないものになってきます。

インドでは「お手伝いさんが食べ物を盗むから」という理由で、鍵付きの冷蔵庫をサムソンが発売して大人気になりました。

このスラムで求められている機能はどんなものでしょう?

ヒントはこの写真。

彼らは当然一家に一台のテレビがないので、半分路面の店にあるテレビをみんなでみることになります。
このテレビに必要な、日本の家では絶対不要な機能とはいったいなんでしょう?

答えは、セミナーorレポートで!

あと、私は今、バングラの洗礼を受け、食中毒で倒れてます。
固形物が食べられないよお。。

かわいそうだと思った人も、ご支援お願いします。

新着情報一覧へ