クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

頻発する大災害。「病院船」導入の法制化にあなたのご支援を。

公益社団)モバイル・ホスピタル・インターナショナル

公益社団)モバイル・ホスピタル・インターナショナル

頻発する大災害。「病院船」導入の法制化にあなたのご支援を。
寄附総額
2,190,000

目標 2,000,000円

寄附者
88人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
29お気に入り登録29人がお気に入りしています

終了報告を読む


29お気に入り登録29人がお気に入りしています
2018年09月12日 15:02

5,000円からはじめられる善意を次の世代のためにご支援下さい

【5,000円からはじめられる善意を次の世代のためにご寄附下さい】
私たちは次の世代のために、今できることをしなければならいと思って活動しています。日本に暮らす以上、国土の形成史上、災害はいつ起こるかもしれないのではなく、いつ起きても不思議ではないという考え方で常に災害を意識し、備えておかなければなりません。

『災害はたまにしか来ないから...』の考え方では遅いのです。平時どうすると警察官に貴方は問えますか?『必ず来る』常在有事の考え方に国も制度も同じように考え直す法制(制度設計)が必要になっています。

6月の大阪北部地震から西日本豪雨災害、台風19号、21号被害、そして北海道厚真町の地震災害、毎月連続しています。

私たちは日本に暮らす以上、国土の形成史上、災害はいつ起こるかもしれないのではなく、いつ起きても不思議ではないという考え方で常に災害を意識し、備えておかなければなりません。

 

生きて、生きて、生き抜くことが大事ではないでしょうか。

「あなたがどうせ大したことはない」と思うのは勝手ですが、大事な孫、可愛い子供たちが大災害でいのちを落とし、亡くすことを善とできるでしょうか。

 

《下の写真はスペインの病院船 JUAN_DE_LA_COSA (ホアン・デ・ラ・コサ)》

6月に寄港した世界最大の病院船(米海軍)マーシーの7万トン級と違って、ジュネーブ協定に入っていません。したがって、スペイン海軍に所属していませんので、戦役に就くことはありません。所管はスペイン社会労働保障省の公設の病院船(3000トン級)は大西洋で漁業従事者の怪我・急病治療支援や多国の遭難者救援に活躍しています。日本もできないのではなく、『船舶を活用して医療が出来る₊αの病院体制の整備』の法制化急ぐことがスタートラインだと思います。いつまでも「平時どうする」からは得るものがありません。まずはスタートラインに立ち、運用し、経験し、学び、標準化できるのではないかと思います。とくに人が関わる教育は手本がないだけに時間がかかります。

皆さん、¥5,000円からはじめられる善意を次の世代のために使って下さい。

一覧に戻る

ギフト

5,000円(税込)

病院船を次の一歩へ

・心を込めて、サンクスメールをお送りします。
・寄付金受領領収証

寄附者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

10,000円(税込)

病院船を次の一歩へ

・心を込めて、サンクスメールをお送りします。
・寄付金受領領収証

寄附者
37人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

30,000円(税込)

病院船を次の一歩へ

・心を込めて、サンクスメールをお送りします。
・寄付金受領領収証

寄附者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

50,000円(税込)

病院船を次の一歩へ

・心を込めて、サンクスメールをお送りします。
・寄付金受領領収証

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

100,000円(税込)

病院船を次の一歩へ

・心を込めて、サンクスメールをお送りします。
・寄付金受領領収証

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

300,000円(税込)

病院船を次の一歩へ

・心を込めて、サンクスメールをお送りします。
・寄付金受領領収証

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

500,000円(税込)

病院船を次の一歩へ

・心を込めて、サンクスメールをお送りします。
・寄付金受領領収証

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

プロジェクトの相談をする