プロジェクト概要

三重県に、森と星空を全身で感じられるヒノキの露天風呂を作りたい!

露天風呂で、心身ともに癒されてみませんか?

 

はじめまして!特定非営利活動法人みやがわ森選組局長(代表理事)の岡本雄大と申します。私は三重県大台町(旧宮川村)という過疎地で林業、農業を通じて地域の活力向上を目的とした活動をしています。メンバーのほぼ全員がIターン者で林業従事者であるという特徴を持っています。活動内容は、おもに産官学連携事業(大学生の農業インターンシップや林業就業支援、移住支援、森林体験など)や各種体験プログラムなどを実施・運営しております。

 

田舎では森の豊かさと、夜の暗さが感じられるのですが、地方都市でも近代化に伴い、森と離れ夜を明るくしています。そんな今だからこそ、森の良さを伝えたい、そして月明かりや星空を楽しんで心を開放できる場を作り共有してほしい、その思いからプロジェクトを思考いたしました。

 

しかし、製材費や施工及び加工費、間伐経費、水路資材など多くの費用が必要です。ぜひご協力いただけませんでしょうか。

 

(活動の一部・林業のススメ)

 

(活動の一部・農業インターンシップ)

 

 

森の中で露天風呂に入って、上を見上げると満点の星空ーーー。

ゆったりと緩やかに流れる時間は、身体を癒し、心を豊かにしてくれます。

 

三重県大台町栗谷地区(旧宮川村栗谷)は、中山間地であるものの、里山と呼べる場所です。多くの野鳥やシカ、川にはカジカガエルが鳴き声を聞かせてくれます。人工物から離れ、別世界の体験ができます。田舎だからこそ楽しめる風景がここにはたくさんあるのです。

 

その地にヒノキで露天風呂を作ります。森の夜を感じる露天風呂は、ありそうで中々なかったものです。想像してみてください、森の中で露天風呂に入って、上を見上げると満点の星空ーーー。そんな素敵な体験をしてみませんか?

 

(山深い大台町の景観)

 

 

豊かな自然は、とても魅力的なものです。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、日本の森林は「材積の蓄積」は過去最大級であるにも関わらず、森は単調になり暗く生き物の少ない森となりました。しかし十分に手入れされた森は豊かな生命を育み、栄養豊かな水を生み出し、海の生き物さえも育て、人間生活を支えます。

 

元来我々日本人と森は密接な関係があったのですが、現代では多くの方が森に触れる機会が無いため、永く問題点が見過ごされてきました。しかし森に入るきっかけさえあれば、気づくことも多いはずです。もしかしたら我々プロの林業者が気づかない活用法も見つかるかもしれません。

 

また夜は本能的に恐ろしいものでした。しかし近代化と共に夜は明るくなり、闇を遠ざけて怖さを克服してきました。反面明るくなった夜は星が見えなくなり、月明かりさえも感じられなくなりました。しかし周囲を山に囲まれた当地では、街のあかりが入りずらいため月が出ない時には驚くほどの星空があります。満月の時には影ができるほど明るく、月明かりの素晴らしさを感じることができます。

 

森と水

(光と風が十分にいきわたった美しい森、栗谷区内にて)

 

星空

(当地の星空・夏)

 

そうだ、お風呂を作ろう!

人と森と星を一同につなぐもの、それが露天風呂です。

 

近代化に伴いありのままの自然を感じる機会が少なくなっている、この現実をなんとかしたい。森と夜空をもっと身近に楽しむ方法はないのだろうか、そこでひらめいたのが「お風呂」でした。

 

露天風呂が好きな方は多いに違いありません。ではそのお風呂を森の中に作ったらばどうだろう?周囲を木々に囲まれ間伐したヒノキで作り、間伐材で沸かします。間伐した森は甦り、空が広がり星空が見え、五感で楽しめるお風呂にします。エネルギーは薪なのでエコロジー。

人と森と星を一同につなぐもの、それが私たちの考える露天風呂の姿です。

 

間伐木

(間伐材は薪になります)

 

もっと森へ!

露天風呂は地域活性化をはじめ、たくさんの恩恵をもたらします。

 

過疎高齢化により森林の荒廃も進んでいる当地が、露天風呂を作ることにより少し活性化すると考えています。また、新しい共感の場が生まれ、裸のつきあいで心身とも開放されるでしょう。そして整備されることで森も喜びます。地域内外を問わず人との交流が生まれ、人と森との交流が生まれ、空との交流が生まれます。

 

森の恵みは「木」そのものからだけではありません。空間、水、食、あらゆるものが恩恵を受けています。

もっと森を身近に感じ自然の素晴らしさを体感してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 


=設置場所詳細=

 

住所:三重県多気郡大台町栗谷234の裏山


設置予定場所は草が生い茂っていて整備はかなり必要ですが、着替えや食事ができる建物が近くにあること、道路からさほど遠くないこと、解放空間でありながら人家からは離れていること、背景は森であることからこの場所を選定しました。

 

湯船のヒノキは現地で伐採したものを加工し、薪も周辺の森から間伐したものを使います。完成後は昼は勿論、夜には満点の星空を見ながら仲間と入り語らうのもいいでしょう。きっと素晴らしい共有空間になることと思います。

 

(森のお風呂イメージ図)

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲引換券についてのご説明▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

■木製品について

 

私たちは市場に流通させないものの、素材としては良質な原木を搬出・製材し在庫しています。また、通常は山に廃棄する部分も良質なものは搬出しております。木も生命です、伐ったら可能な限り無駄なく利用することが大切です。そのような思いで我々は利用しています。

 

この豊富な製材品のなかから、加工に適したものを選び出し、最終仕上げを施したのちお届けします。我々プロの林業者だからこそ入手可能な素材も多いのが特徴です。(なお、天然素材ですのでお届けするものは全て色柄などが異なり、一品ものになります。)

 

在庫製材品

 (製材品の在庫一部)

 

■樹齢百年ヒノキの枝で作るペン立て

 

枝と言ってバカにできません。樹齢百年にもなると太さも半端ではありません。写真のもの(左)で断面が80ミリもあります。

 

(一般には入手できない素材。写真はサンプル)

 

 

■ヒノキまな板

 

豊富な在庫の中からご希望の寸法(幅300ミリ長さ500ミリ以内、厚みは指定できませんが30ミリ~40ミリ程度)にて加工しお届けします。

 

(包丁に優しいまな板、写真はサンプル)

 

■ヒノキバターナイフ

(木目が美しいバターナイフ。写真はサンプル)

 

■お米(コシヒカリ)

 

田んぼでは、春からコメ作りが始まります。みやがわ森選組では、遊休農地活用の一環としてコメ作りを行っています。愛情たっぷりに育てられたお米(コシヒカリ)をご支援に応じてお届けいたします。

 

田んぼ

(管理する田んぼ昨年6月)


最新の新着情報