皆さまこんにちは。中原亜紀です。

 

絵本コンテストの準備が着々と進んでいます。現在作品を募集中。一体どんな作品が集まってくるでしょうか。


先日、タヤワディ県の村へ行ってきました。こちらの村図書館は、小さいながらも図書館員さんたちの大きな努力によって、子どもや青年向けのアナウンスが様々になされていて感動しました。

 

 

HIV/AIDS啓蒙ボード。

 

独立記念について。

 

絵を描かれたのはこちらの方。

 

 

学校教育では、どうしても語学や算数、社会といった実学が重視され、芸術や音楽は軽視されがちです。ですが、子ども達にとっては関心が惹きつけられるものにこそ、学ぶ意欲が増大するというもの。

これからも教育現場に、楽しくカラフルなイラストがどんどん増えてほしいと思います。

 

今回コンテストで募集している絵本には、一体どんな絵が描かれてあるでしょう?
過去に作品を発表する機会が少なかったイラストレーターさんや作家の皆さんが、
ここぞとばかりに力作の子どもの絵本を作成してくれることを期待しています!

 

 

 

新着情報一覧へ