元気だった頃のリム君 2012年サザンゲートの公園にて

 

どうにも気持ちの整理がつかなくて、

ご報告が遅れてしまいました。

 

3月28日、リム君は旅立ちました。
生まれてくるのも自然なら、
終わりがあるのも自然な事なのに
看取る覚悟もできていたつもりなのに
いつまでも涙が止まりません。

 

扁平上皮癌で見るのが辛いほど

患部が拡がっていましたが、
不思議なほど、普通に毛繕いなどして、
亡くなる前日まで、
大好きなお刺身を美味しそうに食べていました。

 

穏やかで優しいリム君でした。


優しい言葉をもらうと、なおさら涙が止まらなくて、
泣くとなぜか酷い頭痛に襲われてしまい、
他の子たちのお世話ができなくなるので、
メッセージはご遠慮させて頂きます。

 

どうか、リム君の安らかな眠りを祈ってください。

 

心配してくださった皆さま、
ありがとうございました。

 

新着情報一覧へ