3年前の2011年5月9日の朝、僕の父がクモ膜下で亡くなりました。

突然、今までにない大きな喪失感が僕自身を襲いました。

父の亡くなる2ヶ月前の3月11日に東日本大震災で甚大な数の人達の命が奪われました。

父親に対してたいした親孝行も出来ないままの別れになってしまい後悔の気持ちでいっぱいでした。

僕と同じ大切な家族や知人を亡くし大きな喪失感と悲しみを持った人達が東北にもいると思うと僕自身が被災地へ行って僕が出来る事をしたいと思いました!

そうやって『似顔絵のボランティア』はスタートしました。

父への恩返しをこういうカタチで少しでも長く続けていきたいと思っています。

新着情報一覧へ