2014年も熱かった。この年は高齢者介護施設「さんりくの園」跡地を活用しての花火大会でした。この施設も津波の被害を受け、多くの犠牲者が出てしまった場所でした。その一つ一つの命に、この場所から生きている証明を伝える花火を打ち上げました。

花火大会前日の深夜は台風の影響で、設営したテントなどが吹っ飛ばされるのを、実行員会メンバーとともに必死で抑えておりました。あれもあれでいい思い出、全てが今につながっている!!
中野圭

新着情報一覧へ