クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

市民オンブズマン作成の冊子で、自治体の無駄遣いをなくしたい!

内田隆(全国市民オンブズマン連絡会議 事務局)

内田隆(全国市民オンブズマン連絡会議 事務局)

市民オンブズマン作成の冊子で、自治体の無駄遣いをなくしたい!
支援総額
772,000

目標 700,000円

支援者
80人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

終了報告を読む


3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2017年04月23日 17:39

市民が「包括外部監査の通信簿」を読んだ感想

全国市民オンブズマン連絡会議が毎年作成する「包括外部監査の通信簿」へのご支援、まことにありがとうございます。

最近市民オンブズマン団体を知った方に、「包括外部監査の通信簿」を紹介したところ、以下の感想を得ました。
一人でも多くの人に包括外部監査ならびに通信簿を活用いただければ幸いです。

-------
2016年版包括外部監査の通信簿に対する感想 (T.O)

 

私は愛知県一宮市在住の77歳の男性で工学部出身です。従って法律・会計的知識は乏しく、大手商社で仕入れから回収まですべてを一人で行った関係上、仕事を通じて身につけた知識しかありません。


そんな転勤族であった私が、生まれ故郷、一宮市に戻り、平成24年度、町内会長のなり手がなく、しぶしぶ引き受けたのがきっかけで市の行政・監査に関心をもちました。情報公開請求等により様々な問題を見つけ取り組むことから始まり、「市民ポスト」による市長への問題提起、住民監査請求を行っていますが、満足な回答が得られず、自分のしていることがむなしく、投げ出したくなっていました。そんなときに市民オンブズマンを知り、そこで、これまでの活動を評価され、再度取り組む気力が沸いてきて、例会・ボランティア作業に参加している中で、2016年版包括外部監査の通信簿を入手いたしました。そこで拝読した感想を報告させていただきます。

 

2016年版包括外部監査の通信簿を拝見しての率直な考えは、全国にいいお手本が沢山あることに驚いたことです。いま一宮市で追及している社会福祉協議会について、他自治体も同様の問題(補助金・委託・人事)を抱えていることが判りました。それに対し専門家の視点で解決策が示されていました。早速一宮市で活用させていただきます。


ところで、中核市の条件が人口30万人以上から20万以上に大幅に緩和され、条件に満たした自治体は91市でうち48市が中核市、検討中が15市ありますが、条件に満たない市町村が沢山あります。残念ながら一宮市も人口386千人(29.4.1現在)ながら中核市ではなく、包括外部監査が義務づけられていません。


包括外部監査であれ、内部監査であれ監査委員が自治体を良くしようという気持ちがあるかどうかということ、補助人・監査事務局員の資質・能力があるかどうかということも大切だと思います。加えて、監査される側が自治体を良くしようと、監査内容を活かして改善することが必要だと思います。その点では内部統制が極めて重要です。


個別外部監査制度を利用しようと、28年度で住民監査請求を6回行いましたが、すべて個別外部監査が認められず、結果も棄却・却下でした。しかし、棄却分については通知の最後に意見書がつけられ、基本的な問題については改善されつつありますが、まだまだひどい状況です。又、却下の場合ほとんどすべてが「1年を経過したときは、これをすることが出来ない」の規定により却下されました(1年を経過した正当な理由を見つけるのは一般人には困難です)。


住民訴訟という方法も残されておりますが、一市民では、お金と、知識等の問題から見て無理だと思います。なので包括外部監査・内部監査がより重要になると思います。

 

今回2016年版包括外部監査の通信簿を拝見して良かったことは、住民監査請求で感じていた下記多くの点で、問題点を共有でき、自分の考えが、間違いでなかったとこを確認出来たことで、現在していることに対し、大きな自信が持てたことです。


1.隠れた債務補償を補助金という経費で「損失補償」して問題解決しようとしている事
2.裁量権限の名の下に大幅に融通無碍な運用がなされている事(覇束裁量)
3.特別の専門的な法知識や会計知識もなく、分析・検討の余地も意欲もない議会議員が監査委員でいる事
4.監査を補助する、監査事務局職員の能力のなさ及び内向きな姿勢である事(組織・人事に問題あり)
5.内部統制機能が働いていないい事(肝心な決め事の議事録等決め事の資料もない)
6.説明責任を果たしていない事
7.独立性が在るとは思えない事
8.議会・市民が行政の無駄遣いに対する関心があまりに低い事等

 

まとめ
I.包括外部監査の通信簿は、2635テーマについて1999年以来17年間にわたり蓄積された貴重な資料であり、模範とすべき報告書も多数含まれており、優秀な監査手法を通じて自己の自治体を点検できる「宝の宝庫」です。しかし、措置評価の2014年度版と2016年版を比較した場合、総合評価が悪化している自治体が意外に多く、包括外部監査を行っている自治体でさえ包括外部監査の通信簿を十分活用している自治体は少数でした。先進的な自治体を参考にし、措置が早急に改善されることを望んでおります。119自治体で合計16億2000万円もかけた包括外部監査を利用し改善しないことは、時間のロスであり、住民にとって大きなマイ
ナスで、損失です。

II.包括外部監査の通信簿の内容について理解している人は少ないと思います。一般の市町村では存在さえ知らない自治体が在るかもしれません。まして、市民はごく一部の人しか知らないと思います。まずは各自治体に通信簿を配布し実際に見てもらう活動を起こし、マスコミで取り上げてもらう事が一番効果があると思います。

III.外部監査制度の導入は従来の監査委員による「内部監査」の不十分さを認めた結果、導入されたものであり、中核市の条件を満たしていない自治体は条例により実施できることになっています。多くの自治体が外部監査制度を導入してほしいし、又、導入していない自治体も、外部監査制度導入の趣旨を十分理解し、監査委員・監査事務局職員の資質・能力の向上を図るとともに、独立性を確保し、内部監査の不十分さの改善に努めてほしい。住民自らも外部監査制度に関心を持ち、自治体の監視等に役立て、不十分さの改善に努めるべきと思います。

(一宮市で中心的役割を果たしている監査委員は公認会計士で8年目で、市の立場を代弁しているかのようです)

今後、一宮市に対して、包括外部監査制度の導入を求めていきたいです。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

包括外部監査の通信簿 あとがきに名前が入る権利

感謝の意を表し、あとがきに名前を入れます。
匿名・ペンネームも可

支援者
40人
在庫数
4956
発送予定
2017年9月

10,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全内容が記載されたDVDを送付します

・包括外部監査の通信簿 あとがきに名前が入る権利
・DVD(2017年版包括外部監査通信簿内容すべてと、全都道府県・政令市・中核市・条例市包括外部監査本文、措置内容が入ったもの)

支援者
31人
在庫数
469
発送予定
2017年9月

20,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

2017年版冊子もお送りします

・包括外部監査の通信簿 あとがきに名前が入る権利
・DVD(2017年版包括外部監査通信簿内容すべてと、全都道府県・政令市・中核市・条例市包括外部監査本文、措置内容が入ったもの)
・2017年版包括外部監査通信簿冊子

支援者
9人
在庫数
491
発送予定
2017年9月

50,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全国市民オンブズマン和歌山大会冊子をお送ります

・包括外部監査の通信簿 あとがきに名前が入る権利
・DVD(2017年版包括外部監査通信簿内容すべてと、全都道府県・政令市・中核市・条例市包括外部監査本文、措置内容が入ったもの)
・2017年版包括外部監査通信簿冊子
・2017年全国市民オンブズマン和歌山大会冊子

支援者
0人
在庫数
500
発送予定
2017年9月

100,000円(税込)

オンブズマン大賞表彰式でお名前紹介

・包括外部監査の通信簿 あとがきに名前が入る権利
・DVD(2017年版包括外部監査通信簿内容すべてと、全都道府県・政令市・中核市・条例市包括外部監査本文、措置内容が入ったもの)
・2017年版包括外部監査通信簿冊子
・2017年全国市民オンブズマン和歌山大会冊子
・包括外部監査 オンブズマン大賞表彰式で寄付者紹介

支援者
0人
在庫数
500
発送予定
2017年9月

150,000円(税込)

お会いして「通信簿」解説を行います

・包括外部監査の通信簿 あとがきに名前が入る権利
・DVD(2017年版包括外部監査通信簿内容すべてと、全都道府県・政令市・中核市・条例市包括外部監査本文、措置内容が入ったもの)
・2017年版包括外部監査通信簿冊子
・2017年全国市民オンブズマン和歌山大会冊子
・包括外部監査 オンブズマン大賞表彰式で寄付者紹介

支援者
1人
在庫数
4
発送予定
2017年9月

プロジェクトの相談をする