クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

石巻市での実話を基にした絵本「町をまもった龍木」を出版しよう!

Haruka Matsuda

Haruka Matsuda

石巻市での実話を基にした絵本「町をまもった龍木」を出版しよう!
支援総額
1,229,000

目標 1,060,000円

支援者
96人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録11人がお気に入りしています

11お気に入り登録11人がお気に入りしています
2013年07月05日 20:45

残り1日!絵本の内容⑦

 

こんばんは。松田春花です。

いよいよREADYFOR?もあと一日となりました。

この2ヶ月間、いろんな方に大変お世話になりました。

本当に、本当にありがとうございます。

 

絵本の内容も残り2回です。

P19,20

私たちが川辺りの散歩道で龍木と出会うシーンです。

p19,20

2011年7月の初め、OMODOCメンバー数人と先生で、始めて石巻市へ赴きました。

katto

事前にメディア調査をして様々な情報を得ていたのですが、実際に見て聞いた被災地の状況は、予想をはるかに越えていました。

「アートを活かして被災地を笑顔にしたい!」

と意気込んで行ったものの、様々な問題が山積みで、

「こんな状況でアートが役立つことなんてあるんだろうか?」

無力感に押しつぶされそうで、その日はみんなで泣きながら深夜まで話し合いました。

その次の日、先生の知人の紹介でアートカフェ「川辺りの散歩道」へ訪れました。

この地域には170㎝ほどの津波により大きな被害を受けていたにも関わらず、オーナーのよりこさんは、「修復工事が終わったら、ぜひうちでワークショップを行なって下さい。」と笑顔で私たちを受け入れてくれました。その笑顔に、私たちは背中を押されました。その時に紹介されたのがこの流木です。

befor

 

 

P21,22

私たちは、その後何度も石巻へ訪れて、アートによるワークショップを行なうかたわらで流木を龍にしていきました。次第に地元のこども達も集まってきて、とっても楽しい時間をすごしました。

p21,22

 

 

P23,24

流木には、ひげやたてがみ、牙も生えそろい、立派な龍になりました。

p23,24

そして、その背中には、1000枚もの鱗が貼付けられました。その一枚一枚に、地元の人や、ボランティアの人の希望のメッセージやイラストが描かれています。

nayamanai

ある女の子は「一人で悩まない。」と書きました。

uroko

たくさんのメッセージは、どれもキラキラと輝いています。

ryuboku

201110月1日

流木は、町の守り神「龍木」となりました。

一覧に戻る

リターン

2,000円(税込)

*サンクスレター
*オリジナルポストカード(2種類)
*OMODOC活動紹介リーフレット

支援者
7人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

*サンクスレター
*オリジナルポストカード(2種類)
*OMODOC活動紹介リーフレット
*オリジナル缶バッチ(1種類)
*絵本「町をまもった龍木」(1冊)

支援者
44人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

*サンクスレター
*オリジナルポストカード(2種類)
*OMODOC活動紹介リーフレット
*オリジナル缶バッチ(2種類)
*絵本「町をまもった龍木」(1冊)
*OMODOC活動報告冊子(1冊)*支援者として支援者様のお名前を絵本に記載

支援者
40人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

*サンクスレター
*オリジナルポストカード(2種類)
*OMODOC活動紹介リーフレット
*オリジナル缶バッチ(2個)
*絵本「町をまもった龍木」(1冊)
*OMODOC活動報告冊子(1冊)
*支援者として支援者様のお名前を絵本に記載
*松田春花作の絵本(2作品)

支援者
5人
在庫数
19

プロジェクトの相談をする