READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

産卵に来たウミガメが最悪死に至る悲劇〜表浜海岸の今を1冊に〜

田中雄二

田中雄二

産卵に来たウミガメが最悪死に至る悲劇〜表浜海岸の今を1冊に〜
支援総額
699,000

目標 650,000円

支援者
80人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2015年11月11日 01:34

タートルトラックの記録の意味

 

 

ウミガメの足跡を記録するのは、地味で地道な作業です。
他の調査員は、上陸や産卵の数、数量を調査します。
それも大切ですが、タートルトラックの記録は、表浜特有の調査方法で、海岸を保全する私たちが行う様になったのは必然的だったかも知れません。
12年前に、表浜ネットワークの前代表が倒れられ、その後を引き継いだ私が、10年前から調査を始めました。始めは、試行錯誤しながら私も数を確認していましたが、タートルトラックの複雑さに疑問を持つようになり、ブログで発信し続けました。

次第にブログを見る人が多くなり、特に1枚の写真が全国のマスメディアに取り上げられた事をきっかけに世論が高まり、消波ブロックを撤去するまでに至ったのが2006年のことです。

私が調査を始めて2年後にこのような結果になった事は、驚くべき速さで、世論の大きさがどれだけのものだったか容易に想像できますが、何より、行政がこれほど上手く動いた事は高く評価すべきことですね。大変画期的な事例です。

声を出し続ける事の重要性、継続しなければならない責任感を初めて感じた事象でしたね。

しかし、異例とも言えるこの事業は、長い海岸のほんの一部で行われた事業です。

もっと全国的にも波及してもいいと思うのですが、そこが海岸行政の難しいところですね。

クラウドファンディングは、情報発信のツールとしても高く評価しています。これが、さらなるブロックの撤去に繋がるかもしれません。

皆様の、ご協力が必要です。

どうぞ、宜しくお願い致します。

一覧に戻る

リターン

3,000

■ サンクスメール

支援者
47人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

10,000

表浜海岸 冊子送付とお名前をホームページに掲載

■ サンクスメール
■ 冊子1冊お送りします。
■ お名前をホームページに掲載させて頂きます。
■ ウミガメのステッカー

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

30,000

表浜海岸 冊子送付とお名前をホームページに掲載

■ サンクスメール
■ 冊子1冊お送りします。
■ お名前をホームページに掲載させて頂きます。
■ ウミガメのステッカー
■ 表浜のウミガメ大使認定状

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

プロジェクトの相談をする