お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

 

3月も中日となりましたが、今日の東京は外回りから戻る度に眼鏡が曇る寒さです。当館は本日3月15日まで春期館内整理休館中で、広い閲覧室を利用して普段出来ない大量資料の整理作業や、閲覧室ミニ展示の準備を行っております。

 

さて、(株)インフォマージュでのデジタル撮影作業のため、昨年2016年11月7日に当館を出発した「組上燈籠絵」161枚が、撮影とその後の作業を終えて、先週10日、無事当館へ帰ってきました。
お帰りなさい!

 


インフォマージュから戻ってきたところです

 

納品されたデジタル画像と原資料をつき合わせて、確認しています

 

今回、このプロジェクトで目標額を超えるご支援を頂いた結果、資料保護用の中性紙を購入し、撮影作業終了後の組上燈籠絵を中性紙で挟んで頂くよう、インフォマージュのスタッフの方にお願いする事が出来ました。また、表面の保護のため薄紙を入れて、複数枚組のものは「組上燈籠絵」同士が擦れることを防ぐため、間紙も入れて頂くようにしました。今後は当館書庫において、より保存に適した環境で保管する予定です。

 

 

今回のデジタル化によって、これまで非公開資料として保存してきた組上燈籠絵を、今後デジタルアーカイブ化、そして復刻版の印刷、と資料を大いに活用することが出来ます。作業はまだ続きますので、これからも新着情報をぜひご覧ください。

 

これまでのデジタル化の作業のご報告も合わせてご覧ください。

 

【デジタル化を担当して下さる(株)インフォマージュさんについて】
https://readyfor.jp/projects/ootanitoshokan5/announcements/43651

【「組上燈籠絵」デジタル化へ向けて搬出!】
https://readyfor.jp/projects/ootanitoshokan5/announcements/45555

【インフォマージュ撮影見学】
https://readyfor.jp/projects/ootanitoshokan5/announcements/47299

 

新着情報一覧へ