お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

 

さて今回は、以前2018年4月16日の新着情報でもお伝えしました、2018年11月10日~12月9日、藤沢市の藤澤浮世絵館で催される展示、【松竹大谷図書館所蔵「3D浮世絵 歌舞伎組上燈籠の世界」】のお知らせです。

 

この展示は、当館所蔵の組上燈籠絵を展示するだけでなく、組上完成形の立体展示も楽しんでいただこうという企画になっております。当館の復刻版でお馴染みの『車引』や『石橋』、そして『忠臣蔵討入』『熊谷陣屋』『金閣寺』などの有名作品の組上燈籠絵も組上完成形が見られます。

 

先日は、藤澤浮世絵館の学芸員の方が採寸作業のため来館され、展示する組上燈籠絵の内寸、外寸を一枚一枚丁寧に計っていかれました。

 

この作品は、絵がかなり外枠にはみ出ていますが、一体どんな形の展示になるのでしょうか。

 


旧所蔵者が付けた台紙の色が何種類かあり、作品によって違うので、この台紙の色を活かすような展示も考えていらっしゃるようです。

 

組上燈籠絵の魅力や面白さ満載の展示になりそうですね。組上完成形の立体展示も含めて、どのような展示になるのかとても楽しみです!

 

 

さて、現在【第7弾】プロジェクトも実行中です!こちらもご協力・応援をどうぞよろしくお願い致します!!

 

【第7弾】プロジェクトへのご支援は以下から

 

新着情報一覧へ