お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

本日、令和最初の開館です。みなさまのご来館を心よりお待ちしております!

 

さて、新しい閲覧室のミニ展示が始まっておりますので、お知らせいたします。5-6月の展示は「生誕90年 オードリー・ヘプバーン」展です。

 

本年は、1929年5月4日にベルギー・ブリュッセルで生まれたハリウッド女優、オードリー・ヘプバーンの生誕90年にあたります。現在でも、世界中で根強い人気のオードリー・ヘプバーン。どなたも一度はオードリーの映画をご覧になられたことがあるのではないでしょうか?

 

当館では、外国映画のプログラム、スチール写真、プレスシートなどを所蔵しており、オードリーの出演作品も、主演デビュー作でアカデミー賞主演女優賞を受賞した不朽の名作『ローマの休日』(1953年)をはじめ、『麗しのサブリナ』(1954年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)、『暗くなるまで待って』(1967年)、そして、遺作のスティーヴン・スピルバーグ監督『オールウェイズ』(1989年)まで、多くの作品の資料を所蔵しています。

 

そんななかから、1950・60年代の懐かしい映画のプログラムや、オードリー・ヘプバーンが、ゲイリー・クーパー、ケイリー・グラント、ショーン・コネリーなど豪華な共演者たちと共に写ったスチール写真などを中心に、展示資料を選びました。

また、当館では「キネマ旬報」「SCREEN」「映画の友」など、オードリーが表紙を飾る映画雑誌も多く所蔵しています。なかには、『ローマの休日』の日本公開よりも前に、ヘプバーンを表紙に採用した1954年2月下旬号の「キネマ旬報」もあります。この雑誌と、『ティファニーで朝食を』のオードリーが表紙の1963年2月号の「キネマ旬報」、「映画の友」1956年6月号の計3冊の雑誌を展示しています。

 

今回の展示準備中、書架から探したオードリー・ヘプバーンの表紙の雑誌を、並べてみました。

様々な表情のオードリーが見られます。

 

また、オードリー・ヘプバーンの図書も所蔵しています。当館閲覧室の著者目録カードで「Hepburn, Audrey」と引くと、オードリーの関連図書のカードが並んでいます。

このように請求記号と図書のタイトルなどが記載されています。ご覧になりたい方は、カウンターにご請求ください。

 

今回の「生誕90年 オードリー・ヘプバーン」展の展示期間は、6月26日(水)までとなっております。新緑のこの時期、歌舞伎座・新橋演舞場・東劇に、観劇・映画鑑賞でお越しの際は、近くの当館へもぜひお立ち寄りくださいませ。

 

松竹大谷図書館の開館日はこちらのカレンダーでご確認下さい。

https://www.shochiku.co.jp/shochiku-otani-toshokan/pdf/2019_calendar.pdf

新着情報一覧へ