口腔ガンの方に共通する悩みである【食事】

皆様、ご支援とあたたかい応援メッセージ本当にありがとうございます。

 

術後のケアに関して、口腔ガンの方に共通する悩みの食事に関して、サイトでは、具体的なレシピを交えて説明するつもりです。本日は、その一部をご紹介いたします。

 

 

満足できる献立のポイント

1.主食、主菜、副菜、汁物の組み合わせを基本とする。

2.見た目にもおいしそうな工夫(色使い)をする。

3.飲みこみやすいよう、とろみをつけたり、繊維質の多い食材は漉したりして、滑らかに調理する。


佐野の場合は、流動食ですので、主食をお粥、主菜をスープ、副菜を納豆、汁物を味噌汁、デザートにフルーツジュースやヨーグルトに代用しています。ポイントは、栄養バランスを考慮して、旬の野菜を複数組み合わせていることです。

 

 


左:①なめこ、もやし、小松菜の味噌汁
右:②かぼちゃのポタージュ

 

 

①なめこ、もやし、小松菜の味噌汁
なめこは、とろみがあるので飲みこみやすい食材です。
栄養のバランスと色どりを考えて、もやしと小松菜も入れています。

 

②かぼちゃのポタージュ
玉ねぎとかぼちゃをとろとろになるまで煮て、
仕上げに牛乳を入れます。

 


  


味噌汁は、家族と同じ。家族の分を取り分けた後、ブレンダ―で撹拌します。
毎日の食事作りに欠かせないアイテムです。

 

 

 

左:③なすとなめこ、水菜の味噌汁
右:④豚肉、ニンジン、玉ねぎのスープ
 

 


③なすとなめこ、水菜の味噌汁
夏らしい味噌汁。
なすをとろとろになるまで煮込むのがポイントです。

 

④豚肉、ニンジン、玉ねぎのスープ

豚肉はしゃぶしゃぶ用かバラ肉を使用します。

基本は塩で味付けをしますが、コクを出すのに胡麻油や
ココナッツオイルを用い、味のバリエーションをつけます。

 


左:⑤油揚げと小松菜の味噌汁
右:⑥ジャガイモ、インゲン、しめじのスープ
 
⑤油揚げとなめこと小松菜の味噌汁
油揚げは撹拌すると、繊維質が残ります。とろみの出るなめこや、
小松菜の代わりにモロヘイヤやオクラ等と一緒にすると、喉越しが
よくなります。

 

⑥ジャガイモ、インゲン、しめじのスープ
ジャガイモはとろみが出やすいのですが、水分量が少ないと、飲みこみ
にくくなってしまうので、注意が必要です。
味つけは、コンソメの他、鳥ガラスープの素を使います。
ボリュームを出したい時には、春雨をプラスしてもおいしくいただけます。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています