プロジェクト概要

障がいを持つ子どもの未来を考えた取り組み。子どもたちの発達状況を周りが理解して支える体制を整えます。

 

はじめまして、「こどものミカタ オルケスタ」の横山真司と申します。私は、介護福祉士として障がい児や障がい者の介護を経験した後、より専門的な支援を志して32歳で言語聴覚士資格を取得しました。

 

病院の児童発達外来の部門責任者として、発達障がいの子どもたちを支援する中で学んだことは「子ども本人を変えようとするのではなく、保護者や関わる人たちが、子どもの発達についての理解を共有し、大人側が変わることが重要である」ということです。

 

そこで、ことば・コミュニケーションの発達を専門とする言語聴覚士を中心に団体を設立致しました。その評価を家庭や教育現場、地域生活の場に伝え、根拠あるアセスメントに基づいた支援体制の構築を目指しています。

 

そのためには、子どもの力を診る発達検査や言語発達に特化した検査を行うための道具を購入するための費用が必要です

 

どうか、皆さまの温かいご支援とご協力でこの活動を応援して頂けないでしょうか?

 

こどもの可能性を引き出せる環境をつくるために

発達障害を抱える子ども、その家族への支援は、質・量ともに不足しています

 

昨今、発達障がいについてはメディアなどで取り上げられることが多くなりました。国や自治体の支援制度も、過去とは比べものにならないほどに拡充しています。

 

しかし、専門的な視点で評価ができる者と、実際に毎日の生活を支える福祉・教育関係の現場とが情報を共有する機会はほとんどなく、定型文の様な書面のやり取りや、テンプレートの支援計画で済ませてしまうことが多いのが現状です。

 

私たちは、発達の評価とその共有をするこのプロジェクトで、その子どもに適した支援が行われる環境作りを目指します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
子どもひとりひとりに適した支援を行うことができる未来へ

子どもたちの評価を共有することで広がる未来がある

 

今回、皆さまからいただくご支援により、発達全般を評価することで子どもの持っている能力が何歳相当なのか、発達に得意不得意の凸凹があるのかなどを明らかにすることができます。

 

さらに、言語聴覚士が言語・コミュニケーション検査を行うことによってより詳細な部分を分析し、この2つの検査結果を併せることで、子どもがもつことば・コミュニケーションの問題の本質的な評価が成立します。

 

これらを用い、地域生活に困難を抱える子どもに今どのような支援が有効なのか、今後の発達の見通しも含めた支援計画を提案。家族や子どもを支援する人たちと共有することで子どもの発達にとって相応しい環境作りを目指します。

 

子どもの発達に相応しい環境を

子どもは自分に合った環境と、大切にしてくれる人たちの中で力を発揮する

 

子どもは自分のことを理解してくれる家族などに支えられ、信頼関係を構築することで、自己肯定感を培っていきます。 それは、子どもたちに降りかかる課題や困難に対しても前向きに取り組む力に繋がります。

 

この力を育むことこそが、子どもたちの今だけを支えるのではなく、未来に繋がる支援の形だと私は思っています。 志を同じくする仲間とともに平成29年1月に設立した「こどものミカタ オルケスタ」。これは、障がいを抱える子どもとその家族の未来に繋げるための第一歩です。

 

皆さまの温かいご支援・ご協力をお願いいたします!

 

 

ミ★子どもたちからのメッセージを届けます★ミ

ご支援をいただいた方には、本プロジェクトを利用された子どもたちからのお手紙をお送りします。子どもたちからのお礼の表現はさまざま...!その子が大好きな食べ物の絵かもしれませんし、元気な字でかかれたメッセージかもしれません。どのような表現方法かはわかりませんが、子どもたちのいきいきとした表情を思い描いていただけるものになると思います!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


最新の新着情報