クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

インターネットでフィリピンのスラム街に職を作るプロジェクト

高濱宏至

高濱宏至

インターネットでフィリピンのスラム街に職を作るプロジェクト
支援総額
464,000

目標 400,000円

支援者
61人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2012年05月20日 23:26

マイクロファイナンスの功罪

これはフィリピンの日常でよく見る風景の1つです。

しかし、ここにフィリピンの大きな問題があるように感じています。

隣同士、もしくは非常に近い場所で同じ内容のビジネスをし過ぎなのです。

 

フィリピンは本当に自営業の方々が多いですが、カードバンクという銀行などが行っているマイクロファイナンスがこれらを支えているケースも多いです。

 

例えば5000ペソを借りて6ヶ月で5760ペソを返すというプランが初心者向けにありますが、長期的に見れば低金利でお金を借りられるということで、スラム街などでも多くの村人がこれらの支援を受けています。

そして、毎週ミーティングで成果発表と共に一定の金額を返済していきます。

 

彼らは「パトロン」と呼ばれています。

そして、ときどき「デビル」とも呼ばれています。

 

個人的にはマイクロファイナンスの効果はとても大きいと思いますし、途上国で多くの人を救っている実績ももちろんあります。

しかし、もう一歩先の部分まで見据えた支援を行うべきだとも思うのです。

つまり、「コミュニティ」という枠での支援です。

 

 

 

1つのコミュニティ内に警察や消防署が2ついらないように、狭いコミュニティ内に同じようなお店は2ついらないはずなのです。

 

雑貨屋、BBQ屋、床屋、米屋、ハロハロ屋・・・

これらをコミュニティ内で競合しないように適切に設置し、彼らに職を作る。

インターネットを使える施設を中心に、コミュニティの中で職というものを再構築することが、僕が現地で今やっていることなのだと認識しています。

 

現地では、初期投資という意味で5000円で1つの職を作ることができます。

興味を持っていただけたら、ぜひ私たちのプロジェクトに投資をしていただけると嬉しいです。

どのような家庭のどんな職に繋がっているのか、しっかり報告していきます!

 

一覧に戻る

リターン

1,000円(税込)

① 現地からのThanks Letter集と活動内容の写真をメールで送らせて頂きます。

支援者
24人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

② 上記①に加えて、このプロジェクトのサポーターとして、ホームページ上でお名前と顔を紹介させて頂きます。

支援者
14人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

③ 上記①+②に加えて、現地のお母さんが作る Tote Bag をプレゼントします。
また、このプロジェクトの報告会(6/30に東京予定)にご招待させていただきます。

支援者
17人
在庫数
13

20,000円(税込)

④ 上記①+②+③に加えて、現地の施設の壁に、Special Thanksとしてお名前(Facebookのアカウント名などでも)を入れさせていただきます。
※滞在中に作業致しますので、6/10までの限定引換券となります。ご注意ください!

支援者
10人
在庫数
10

プロジェクトの相談をする