READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

障害の有無に関わらず、その人の夢に寄り添う。職業支援の場開設

障害の有無に関わらず、その人の夢に寄り添う。職業支援の場開設

支援総額

908,000

目標金額 1,200,000円

支援者
66人
募集終了日
2019年12月26日
募集は終了しました
5お気に入り登録5人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2019年12月17日 23:48

なぜ学校だけでなく、piece Labを新たに立ち上げるのか

なぜ学校での支援に加えて、piece Labが必要なのか。

 

私は、信頼関係のある人の「期間を定めない継続した支援が必要」だと思います。

 

なぜなら、本人の持つ力を最大限に発揮するための環境は、置かれている状況や時代の変化によってアップグレードするから。必要なのは、「昔ながらの地域のコミュニティ」的支援。その町に住む限り、住む人たちがお互い助け合って生きる。そのような環境が消えゆくからこそ、それを体現する場を創りたい。


 

私は信州大学教育学部を卒業した後、10年と少し、学校現場に携わってきました。

信州大学在学中から今まで見てきたことを通して、このことについてお話ししたいと思います。

 

私は18歳の春、信州大学に入学するために松本市に来ました。

教育学部生は1年次は松本キャンパス、2年次〜4年次は長野キャンパス(善光寺近く)で学習します。

 

その4年間、「教育者」になるための学びや実習、そして自主的なボランティアに参加しました。その4年間で経験したことがまずはpieceLabに繋がっています。


この4年間は、短期間ですが多くの子ども達と関わり、卒業したら「教員として、子ども達の成長に長く関わりたい」と願いを持っていました。

 

教員たるもの、卒業や異動での別れは必ずやってくる。

 

卒業して、教員として働き始めました。

個性溢れる子ども達の毎日は、慣れないながらも毎日充実していました。

私も子ども達も奮闘しながら楽しい毎日を過ごしました。

いろんな個性、いろんな立場・・・それぞれの子ども達のいろんな表情を見るのが今でも大好きです。

 

そしてようやく信頼関係が結べた・・・と思った時には卒業。もしくは異動。

 

そこで必ずと言っていいくらい、1人以上が泣きながらこう言います。

 

「先生にこれからも応援してほしかった・・・」

 

それでも、教員たるゆえの運命。これは私自身も当時は割り切って受け止めていました。


 

環境の変化でのギャップ。もしそれに乗ることができなかったら・・・

 

何かあった時。誰もが信頼できる誰かに相談します。

でも、信頼できる人がいない場合・・・我慢して、結果心の病気、「生きづらさ」となります。

今まで、気持ちが落ち込んでしまう子、不登校(傾向)、自傷行為、他害、・・・と苦しさを見せる子ども達にも多く出会いました。

 

学校にいる間は時間が許す限りフォローできる。

 

しかし、異動後や卒業後はその先を信頼してお任せするしかない。

そこで幸せに過ごすことができていれば私の役目はいらない。

 

でも、中にはこういう子どももいました。

 

過去に見ていた子どもからの連絡。

「私、やっぱり間違ってるのかな」

 

この一言。近くで見ていないから状況が分からなかったけれど。

でも、苦しいってことはわかりました。

 

その子は勉強は苦手だったけれど、諦めずコツコツやっていた。

そして人にも優しかった。

 

その後聞いた言葉が、頑張っても見てもらえない、努力が足りないと言われ、悔しい・・・と言う。


 

目に見える形にしないと見てもらえない悔しさ。

その見えていない部分を大事にしないといけない。

きっと彼女以外にもそう思っている人がいるはず・・・

 

今私が教えている子ども達も、世間が求める結果が出せなければ同じ思いをするかもしれない。

当時、彼女がそうやって伝えたと言うことはよっぽど苦しかったんだろう。

 

色々と重なった。

 

だからこそ、目の前の人たちの可能性を「信頼」し続けたい。そしてそれを側で支援したい。

限られた期間ではなく、本人が必要としているならば支援する。

 

だからこそ、学校の枠は取り払って必要なことを、必要な時に支援したい。

 

そう思いました。

折れそうな心を癒して前に進めるように。

前に進んだらそれが報われるように。

多くの人のpieceによってお互いの努力が輝くように。

 

それを必要な時に必要なだけ支援ができる場所、pieceLab。


 

卒業後も、その人の可能性を引き出す支援を継続して行うことができる。

 

もし、心が折れそうになった時・・・受け入れて気がすむまで話をすることができる。そして、再び笑顔で過ごせるお手伝いができる(学校では下校時刻の縛りがある)

 

・学校では、担当している子どもがメインとなり、担任の先生は全ての子どもに十分に支援しきれず悩んでいることが多く見られる。piece Labでは来た人全てにアプローチ。担当制ではないので「必要な人に必要な支援」ができる。

 

学校だけではできないこと、ここでやります。


 

募集終了まで、残すところあと9日。

必ずかたちにするために、最後の最後まで諦めません。

 

プロジェクトページはこちらからご覧いただけます。

https://readyfor.jp/projects/piecelab2020

 






 

一覧に戻る

リターン

670,000

alt

最終日追加【これで達成!ご支援コース!!】

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年1月

10,000

alt

【NEW!】笹崎典子セレクトの松本名物詰め合わせ

■笹崎典子セレクトの松本名物詰め合わせ中身はみんな同じではなく、種類も味も開けてからのお楽しみです。

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

・「pieceLab」ステッカー

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

10,000

alt

【“できる”を見つけ、育てる場を応援】「pieceLab」ステッカー&報告レポート

■ 「pieceLab」ステッカー

■ コワーキングスペース「pieceLab」オープン報告レポート(PDF)と支援者さまのお名前掲載(希望制)

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

10,000

alt

【pieceLabに行ってみる】プレオープンイベント:報告・感謝会へご招待

■ コワーキングスペース「pieceLab」プレオープンイベント:報告・感謝会へご招待(2020年5月予定)

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

・「pieceLab」ステッカー

・コワーキングスペース「pieceLab」オープン報告レポート(PDF)と支援者さまのお名前掲載

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

3,000

alt

お気持ちコース

■ 感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

支援者
32人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年1月

13,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【NEW!】柳澤木工所×pieceLabコラボコース

松本の企業さまから応援コラボコースです。

■ にぎにぎセットもぐもぐスタートシリーズ。赤ちゃん用の小さなスプーン・フォークのセットです。赤ちゃんの小さな手でギュッとにぎれるように、柄は太く丸みをもたせました。ウッドデザイン賞2017ハートフルデザイン部門入賞 (HPより引用)

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

・「pieceLab」ステッカー


個数制限:30
配送予定月:2020年2月

支援者
2人
在庫数
28
発送予定
2020年2月

30,000

alt

【pieceLabオープン ご祝儀コース】にお名前掲載(小)

■ コワーキングスペース「pieceLab」にお名前掲載(小)(希望制)

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

・「pieceLab」ステッカー

・コワーキングスペース「pieceLab」オープン報告レポート(PDF)と支援者さまのお名前掲載

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

100,000

alt

【pieceLabオープン ご祝儀コース】

■ コワーキングスペース「pieceLab」にお名前掲載(大)(希望制)

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

・「pieceLab」ステッカー

・コワーキングスペース「pieceLab」オープン報告レポート(PDF)と支援者さまのお名前掲載

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

50,000

alt

【pieceLabオープン ご祝儀コース】

■ コワーキングスペース「pieceLab」にお名前掲載(中)(希望制)

・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします。

・「pieceLab」ステッカー

・コワーキングスペース「pieceLab」オープン報告レポート(PDF)と支援者さまのお名前掲載

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

プロジェクトの相談をする