少しずつ着実に目標達成に向かっています!

 

 

中間試験や期末試験、受験勉強など様々な目的・目標があるから、人間って頑張って努力しているなと改めて感じています。

 

病気の子どもたちは入院して数日は新しい環境が慣れなかったり、家から持ってきたゲーム機で遊んだりしていますが、しばらくするとゲームも飽きてきてしまいます。

 

そんなときが私たちポケットサポートの出番です!

 

ベッドの横に行ってあげて一緒に知育ボードゲームをしながらコミュニケーションをとったり、学校の宿題を一緒にやったり、地元や兄弟の話をしたり・・・。

 

新しい環境で戸惑っている子どもたちに安心できる環境と時間を提供したいと考えています。そして、新しい目標を決めて、それに向かって一生懸命に勉強したり、リハビリしたり、治療にも前向きに取り組んでくれる原動力になると感じています。

 

 

少しでも病気の子どもたちが将来に希望を持って、目標をもって

前向きに学習にも、治療にも取り組んでほしいと願っています。

 

 

 

 

新着情報一覧へ