プロジェクト概要

こちらも是非ご覧ください

第1目標達成のお礼と引きつづきの応援のお願い

 

 

交通事故にあい、安楽死を選択されそうだった犬のくぃーんの命を守るために保護。後遺症により老犬ホームで幸せに過ごせるようサポートしていただけないでしょうか?

 

はじめまして。かじもとみわといいます。幼いときから、そばに動物がいる環境で育ちました。親に内緒で捨て猫を拾ってきて飼い始めたり、大人になってからも、目の見えなくなって動けなくなっている猫がほっておけず保護して里親さんを探したり、犬を飼ったり。いつも幸せになってほしいと接してきました。

 

そんな中、3月末に近所で飼われていた犬のくぃーんが交通事故にあい安楽死に直面していると知りました。私たち家族も5年前に交通事故の被害にあったこともあり、どうしても助けたく保護することにしました。くぃーんは現在介護施設で生活しており、おむつ代・医療費がかかります。脊髄損傷の後遺症からくる症状などで治療が必要な状況が続いています。

 

くぃーんは生きようと必死です。人間の勝手で傷つけられ、面倒をみきれないから安楽死という安易な考えは私にはありません。ですが、私一人の力ではサポートし続けることが大変です。老犬ホームで暮らし続けるために、どうか御協力ください。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
車いすが初めのころはなく、大好きな散歩もできないので、窓から外を眺めています。

 

 

小さいころから知っていたバーニーズマウンテンドックのくぃーんが、細い路地を猛スピードで走ってきた車にはねられ、重傷を負ってしまいました。

 

平成29年3月24日。当時3歳のバーニーズマウンテンドックのくぃーんは、当時の飼い主さんが気を抜いた瞬間に横をすり抜け、細い路地を猛スピードできた車に正面からはねられました。はねられたくぃーんは、特に泣き叫ぶわけでもなく、じっと我慢していたようです。事故直後、かかりつけの病院に連れていかれましたが、そこでは対応できず動物救急病院に搬送され即入院になりました。

 

小さい時から知っていました。近所に住んでいたこともあり体は大きいですが人なっこい優しい子で、しっぽを全力でふる、かわいい性格の子でした。くぃーんと呼ぶとはーいと片手をあげて、自分の体格をわかっているので触ってほしいときはごろんとすぐに横になって撫でてってします。そんなくぃーんが事故にあったと聞き、心配でたまりませんでした。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
車いすが出来て、うれしすぎて介護施設のお父さんを振り回してます。

 

 

脊髄損傷による半身不随で、手術もできないとなり、獣医さんからも安楽死を進められていました。でも、生きようとしているのに、望まない死を選ばされてしまわないように、保護犬として里親を探す予定で私が保護しました。

 

獣医さんからは、脊髄損傷による半身不随と診断され、検査の結果手術不可能となりました。入院費も一日何万円もかかり、一週間で数十万円になっていたようです。獣医から、もう二度と立つことも出来ないし手術しても不可能なので安楽死も選択肢に入れ、今後の研究の為に検体としてくぃーんの体を提供してくださいと申し入れがあったそうです。
 

当時の飼い主の方も、本来なら殺したくないという事でしたが、費用の問題でこれ以上の世話ができない状況で、安楽死を選択しました。その話を聞き、生きようとしているくぃーんが、望まない死を避けられるように、将来的に保護犬として里親を探す予定で私が保護しました。借家での生活のため、後遺症で介護が必要だったこともあり、責任をもって介護施設に預けることになりました。

 

現在、痛みはないようですが、血尿が止まらない状況が続きごはんを医療食にかえ落ち着いています。前足二本での体を引きずっての移動の為前足の肉球に負担がいき、炎症をおこすこともあり、抗生剤をのんでいます。自分で立って排尿が出来ない為おむつを着用し、介護施設で定期的に交換してもらっています。
 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
くぃーんと呼んでもらってうれしそうな顔をします。

 

 

私自身が事故の後遺症を抱え、十分な世話ができないため、老犬ホームで生活しています。しかし、友人たち有志の支援や募金活動、自己資金で賄ってきた費用も苦しくなってきてしまいました。

 

施設では、1日2回の病気治療食。おやつは一切禁止です、1日に4回のおむつ交換を行います。介護施設利用料は月4万円、さらに、おむつ代約1万円、ごはん代約2万円、医療費月約2万円と毎月9万円ほどのお金が発生します。これまでは、友人たち有志の支援や募金活動、自己資金から捻出してきましたが、このまま続けていくことが難しくなってしまいました。
 

ですが、今後もくぃーんが生活するための施設代や医療費やおむつ代は毎月必要になります。くぃーんを支え続けるために、一人でも多くの方に支えていただけないかと、クラウドファンディングに挑戦させていただくことを決意しました。

 

介護施設でなかよしのワンちゃんと

 

 

くぃーんが、できるだけ多くの楽しい時間を過ごしながら、寿命をまっとうできるように支え続けたい。

 

自分自身に力があれば、私自身が事故の後遺症がなければ私一人のちからでくぃーんを支え続けてあげられるのにと思うことが多々あります。くぃーんの家系図は、寿命が短い傾向(5.6歳)にあるようで現在4歳です。限られた時間かもしれませんが、歩けなくても愛情をたくさんもらって生きてくれればと思います。

 

くぃーんは、現在の老犬ホームで愛情いっぱいに見ていただいています。自分の足で歩くことは難しいですが、できるだけ彼女が楽しいと思えることが増えたらと思っています。

 

本来なら、自宅で見てやりたい気持ちはやまやまですが、息子の後遺症のこともあり現在一人にすることはなかなかできません。勝手なお願いかもしれませんがくぃーんを守るためにご協力いただけたらと思います。
 

痛みからだいぶ解放され穏やかな顔をしていています。

 

 

リターン内容について 各アイテムの詳細説明


・お礼のメール

 

・経過報告書

 

・ポストカード

 

・新米 ミルキークィーン 1キロ

 

・新米 ミルキークィーン 2キロ

 

・新米 ミルキークイーン 5キロ

 


最新の新着情報