READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

視力の弱い方でもTVやスマホの画面が見られるファインダーの実用化へ

視力の弱い方でもTVやスマホの画面が見られるファインダーの実用化へ

支援総額

13,716,000

目標金額 12,000,000円

支援者
239人
募集終了日
2021年1月15日
239人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録
14人がお気に入りしています

14お気に入り登録
14人がお気に入りしています
2020年11月28日 11:34

網膜投影技術について

ご支援頂いている皆様、これからのご支援を検討されている皆様へ

 

何人かの方から「網膜投影」に関するご質問を頂きましたので、これから簡単に説明させて頂きます。

 

1.基本原理

★ 網膜投影方式は、マックスウェル視の原理に基づいて、液晶ディスプレイ(LCD)等で表示された映像を一度瞳孔の中心で収束させてから網膜上へ投影して像を観察する方式です(図1参照)。

    

         図1 マックスウェル視の原理

 

★ 水晶体の中心部を通過することによって、LCD等の映像は水晶体の焦点調節機能を用いずに網膜に到達し結像することができます。

★このように、マックスウェル視の原理は、基本的にピンホールカメラの原理に類似しており、非常に深い被写界深度を実現できるため、水晶体の焦点調節に依存しないピントフリーな映像を提供することができるのです。

 

2.本プロジェクトで採用する光学系

★本プロジェクトの試作機では、反射型LCDが発する光線を集光レンズで一旦ピンホールの中心に収束させ平行光線以外の成分を取り除き、リレーレンズで再び平行にして最終の接眼レンズで水晶体の中心に収束させます(図2参照)。  

      図2   マックスウェル視光学系を用いた試作機の光学系

 

3.網膜投影はどんな場合に有効か

★ 通常の目(正視)の持ち主の場合、虹彩から入った光は水晶体によって屈折させられ、網膜に到達して結像し、それが視神経を通して脳に伝達され、映像として認識されます。    

              

★ しかし、目に入った光は、様々な原因で正しく網膜上に結像せず、明瞭な映像として認識されません。眼球が横に長い人、逆に短い人、加齢等によって水晶体の厚みがうまくコントロールできなくなった人、などは網膜へのピント合わせのために眼鏡やコンタクトレンズが必要になります。

   

★ これに対し、網膜投影方式で網膜に直接画像を投影すれば、眼球の長さや見たいモノとの距離に関わらず、必ず画像が網膜上に得られるため、眼鏡やコンタクトレンズなしでも、画像がピンボケせずに見られるようになります。

      

                         

                                 網膜投影のイメージ図

 

★このように、網膜投影方式では、瞳孔に光が通過する穴があって網膜がスクリーン機能を失っていない方であれば、以前より鮮明な画像を見られる可能性があります。

★ 一方で、網膜や視神経に疾患があり網膜に投影した画像情報を脳まで伝達できない方には、効果が感じられないはずです。

 

4.網膜投影の安全性

★ 直接目の中へ光を入れることに対し、安全面で不安を覚える方もいらっしゃると思います。

★ 本プロジェクトの試作機は、レーザーではなく0.38型のLCD(液晶ディスプレイ)を光源にしています。

★ 通常、LCDの輝度は200~1,000cd/㎡です。本試作機にはスペック上の輝度が800cd/㎡という非常に明るい部類のLCDを選択しました。

★ その理由はピンホールを通して平行光成分しか網膜に投影しないため、暗いLCDではよく見えなくなってしまうからです。

★ しかし、明るいと言っても、太陽の輝度(20,000,000,000cd/㎡)と比較すれば桁違いです。すなわち、試作機の光源程度では、たとえピンホールを介さずに目の中に入れたとしても、日常の自然光を上回ることは物理的に考えられず、安全性には問題ないと断言できます。

★ 本プロジェクトを開始する前に、厚生労働省および東京都安全衛生局にこの試作機について説明しに行きましたが、ご担当者は、安全性に問題はないので、高度管理医療機器ではなく、眼鏡などと同等の一般医療機器に該当するだろう、とのご判断でした。

 

以上のように、網膜投影を用いたこの試作機は、万能とは言えないものの、ピント合わせがしづらい低視力者に安全に使ってもらえるデバイスだと確信しています。

プロジェクトの成功に向けて、皆様方のますますのご支援をお願い申し上げます!

 

以上

 

2020年11月28日 株式会社レオニックス顧問 川辺憲一

 

 

 

 

 

 

皆様からのご質問にお答えします(改訂版)本プロジェクトがラジオで取り上げられます!
一覧に戻る

リターン

3,000

ナイスサポート

ナイスサポート

●領収書およびお礼の手紙(2021年1月発送予定)
●支援者様のお名前を会社HPへ掲載(希望者のみ2021年1月掲載予定)
●試作機の市場評価report(2021年12月Eメール配信予定)

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月

5,000

ファインサポート

ファインサポート

●領収書およびお礼の手紙(2021年1月発送予定)
●支援者様のお名前を会社HPへ掲載(希望者のみ2021年1月掲載予定)
●返礼品としてRFP名入りボールペン(2021年2月発送予定)
●試作機の市場評価report(2021年12月Eメール配信予定)

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月

10,000

ワンダフルサポート

ワンダフルサポート

●領収書およびお礼の手紙(2021年1月発送予定)
●支援者様のお名前を会社HPへ掲載(希望者のみ2021年1月掲載予定)
●返礼品としてLEDフラッシュライトキーホルダー(2021年2月発送予定)
●試作機の市場評価report(2021年12月Eメール配信予定)

支援者
117人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月

30,000

グレートサポート

グレートサポート

●領収書およびお礼の手紙(2021年1月発送予定)
●支援者様のお名前を会社HPへ掲載(希望者のみ2021年1月掲載予定)
●返礼品として単眼鏡(2021年2月発送予定)
●試作機の市場評価report(2021年12月Eメール配信予定)

支援者
51人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月

50,000

エクセレントサポート

エクセレントサポート

●領収書およびお礼の手紙(2021年1月発送予定)
●支援者様のお名前を会社HPへ掲載(希望者のみ2021年1月掲載予定)
●返礼品としてモバイルバッテリー(2021年2月発送予定)
●試作機の市場評価report(2021年12月Eメール配信予定)

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月

100,000

インプレッシブサポート

インプレッシブサポート

●領収書およびお礼の手紙(2021年1月発送予定)
●支援者様のお名前を会社HPへ掲載(希望者のみ2021年1月掲載予定)
●返礼品としてアクションカメラ(2021年2月発送予定)
●試作機の市場評価report(2021年12月Eメール配信予定)

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月

200,000

アウトスタンディングサポート

アウトスタンディングサポート

●領収書およびお礼の手紙(2021年1月発送予定)
●支援者様のお名前を会社HPへ掲載(希望者のみ2021年1月掲載予定)
●返礼品として試作機現物(2021年11月発送予定)
●試作機の市場評価report(2021年12月Eメール配信予定)

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月
プロジェクトの相談をする