齋藤です。昨日のお知らせどおり,朝日新聞での記事が本日公開されました。
とても熱意のこもった記事で、心強いご支援を頂きました。
以下のサイトでも記事を閲覧できますので、ぜひご覧下さい。
http://www.asahi.com/articles/ASK2G5246K2GUBUB009.html

 

余談ながら、記事中で言及されているロボット「トライダーG7」、?という人も多いでしょう。

 

トライダーはあのガンダムの直接の後番組で、基本料金100万円から様々な依頼に応じて出動する、社員五人の零細企業「竹尾ゼネラルカンパニー」のロボットという、社会に溶け込んだロボットもののさきがけです。これも大河原デザインです。

 

ロボット事業を丁寧に描写、というとハインラインの「夏への扉」あたりが古典なのでしょうが、僕にとってはトライダーが原点です。僕を含め当時の小学生に大人気で、すごい歌詞の主題歌は今も日本ハムファイターズの応援ファンファーレになっていますね。

 

子供心に経済とか事業とかの基本を手ほどき、という点では後年の「おジャ魔女どれみ」とも似ています。起業家精神の育成が重要とはよく言われますが、原点はそういった子供時代の記憶にある人、多いんじゃないでしょうか。

新着情報一覧へ