クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!

坂崎あゆみ

坂崎あゆみ

出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!
支援総額
1,150,000

目標 800,000円

支援者
184人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年05月22日 16:51

\実は、遠隔チームです!/

こんにちは、マドレボニータ事務局の坂崎あゆみです。

 

2014年3月31日にスタートした『産褥記3』制作プロジェクトページも本日で53日目を迎えました。呼びかけのご協力などたくさんのご支援をいただき、5月22日11時現在、134名ものかたから総額894,000円のご寄付をいただいております。この場をお借りして感謝を申し上げます。

 

★お知らせ… 5月31日まで寄付募集は続きます★
『産褥記3』は、1人でも多くのかたにお届けしたい本です。
ご寄付の引換品として、お届け先がふえることは何より嬉しいです。
ご寄付をご検討中のみなさま、どうぞお待ちしております。
また、既にご寄付をくださったみなさま、5月31日まで見守ってくださいますと幸いです。

 

※目標額を超えていただいたご寄付につきましては、READYFOR?目標額からの充当額では不足する、事業収入等で補填する予定だった制作費に全額を充てさせていただきます。詳細はこちらをご参照くださいませ。

 

 

 

 

『産褥記3』制作チームは、著者の紫磨子さん・編集長のハナコさん・編集のつかさっちん・裏方担当の坂崎・もこさん・ひかりん、の6名を核に、時期に応じて他のメンバーも出たり入ったりしながら進めています。

 

私たちは、約2週間ごとに定例の進捗報告ミーティングをひらいています。

2月のスタート以来、もう10回以上も会議を重ねてきました。

 

ミーティングをする会場は、…ありません!

自宅やカフェなど、各自が「そのときいる場所」から、スカイプ(IP電話)をそれぞれ繋いで会議をしています。

 

先週5月15日のミーティングの様子です。

 

 

(左)マドレボニータの「踊れるカラダづくり講座」後、汗をしたたらせつつ、飯田橋のファーストキッチンより紫磨子さん
(中央)仕事で訪れた東京大学の食堂より、つかさっちん
(右)本業の手芸書の編集のあいまに、杉並区の自宅から、ハナコさん
(上)福岡県の端っこ、人口わずか8,000人の田舎町の自宅から、坂崎

 

都内在住のメンバーが多いので、坂崎宅から聞こえる電話ごしの音(小鳥のさえずるピチチチチ!とか)は癒されるそうです笑

そろそろ、蛙が鳴きますね。

 

定例の進捗報告ミーティングのほかに、グーグルドキュメントとfacebook掲示板をつかって、いつも連絡をとりあいながら、制作を進めています。

7月中の発売を目指して、引き続き頑張ります!

 

(追伸…先週5月15日のミーティング後の紫磨子さんの日記はこちらです!ファーストキッチンで自撮りするのたいへんでしたw)

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■お名前を『産褥記3』に掲載
■制作日記メールレター

支援者
25人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

3000円の引換券に加えて、
■みなさんからのご支援で完成させる書籍『産褥記3』
■マドレボニータオリジナルステッカー1枚

支援者
128人
在庫数
27

10,000円(税込)

5000円の引換券に加えて、
■書籍『産褥記1(改訂版)』
■『産褥記3』へ応援メッセージ(100字〜400字程度)を執筆いただければ特別に掲載

支援者
28人
在庫数
51

30,000円(税込)

10000円の引換券に加えて、
■書籍『産後白書1』
■著者の吉田紫磨子さんと家族(夫と四姉妹)からのサインを進呈

支援者
4人
在庫数
26

プロジェクトの相談をする