READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
寄附型
成立

ベイルート爆発|災害や人道危機から子どもたちの命と未来を守る

ベイルート爆発|災害や人道危機から子どもたちの命と未来を守る

寄附総額

869,000

目標金額 1,000,000円

寄附者
94人
募集終了日
2020年12月25日
94人 が寄附しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録
8人がお気に入りしています

8お気に入り登録
8人がお気に入りしています
2020年12月15日 17:00

レバノンはさらなる支援を必要としています

セーブ・ザ・チルドレンは、最も支援を必要としている人たちのために、ベイルートでの支援を拡大しました。


損傷が激しい住居に住む734世帯にシェルターキットを提供したり、子どもたちが安心して遊んだり友人と交流できるように「こどもひろば」を開設しました。また245人の大人と子どもたちに、心理的応急処置(こころのケア)の提供と、最も脆弱な人々に4,800食のあたたかい食事と食料ボックスを提供しました。

 

セーブ・ザ・チルドレンのスタッフ
爆発により家が破壊されたメイサさんに、シェルターキットを届けるスタッフ。

 

しかし爆発による被害の規模は甚大で、まだ多くの支援を必要としています。
爆発から1週間後、調査により、住民が直面する凄惨な現実が浮かび上がってきました。

・4家族に1家族(24%)が、医療にアクセスできず、その多くが日常的な治療や薬を諦めざるを得ない。
・17%の住居の天井が破壊されているほか、11%の家屋では梁が壊れ、26%はバルコニーに損傷がある。
・18人の子どもたちが、一時的に両親と離ればなれになっている、あるいは大人に付き添われていない。
・32%の家族が、精神保健・心理社会的支援(こころのケア)の必要性を訴えている。
(※ベイルート港から半径4キロメートル以内の470世帯を対象に調査)
 
ラマさん(11歳)
爆発によって破壊された家の窓から、外の様子を眺めるラマさん(11歳)

 

今回の爆発と、レバノンにおける過去1年間の経済危機による影響が重なり合い、このような悲惨な状態になったことが分かりました。被害を受けた世帯の4分の1が、収入を得る人がいなかった、あるいはいない世帯であり、貯金があった世帯は6%のみでした。
 
レバノンは今もなお、継続的な支援を必要としています。
「瀬戸際にあるベイルート」残り8日。皆さまのご支援が子どもたちの未来につながります。
一覧に戻る

ギフト

10,000

alt

10,000円ご寄附コース

◆活動報告
◆寄附金額領収書の発送
※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。

寄附者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

3,000

alt

3,000円ご寄附コース

◆活動報告
◆寄附金額領収書の発送
※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。

寄附者
33人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

5,000

alt

5,000円ご寄附コース

◆活動報告
◆寄附金額領収書の発送
※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。

寄附者
24人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

30,000

alt

30,000円ご寄附コース

◆活動報告
◆寄附金額領収書の発送
※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

50,000

alt

50,000円ご寄附コース

◆活動報告
◆寄附金額領収書の発送
※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

100,000

alt

100,000円ご寄附コース

◆活動報告
◆寄附金額領収書の発送
※領収書のお名前は住所の宛名に登録いただいたお名前となります。

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
プロジェクトの相談をする